1日4時間睡眠を1ヶ月続けた僕に起こった驚きの変化。

公開日:      
 4時間睡眠,仕事,アイキャッチ  
   

こんにちは。

ごりぱちです。

仕事が忙しくなり、「もっと時間が欲しい!」となった時、最も最初に削るもの。

それが睡眠時間だと思います。

上司「1日3-4時間睡眠で仕事ができたら、仕事の成果もさらに出せるはずだ!」

と洗脳されていた僕は、社会人1年目に「1日4時間睡眠1ヶ月チャレンジ」的な状態を経験しました。

当時の僕にとって、仕事の量があまりにも多すぎたので、

結果的に土日関係なく、30日間毎日4時間睡眠で仕事に邁進することになりました。

学生時代から、1週間程度なら1日3-4時間睡眠を継続したことが何回かあり、割と体力に余裕があったので、

「1ヶ月くらい大丈夫だろう!仕事頑張るぞ!」と舐めて考えていました。

その結果、想像もしなかった、驚きの変化が僕に起こったので、

この記事では、「1日4時間睡眠を1ヶ月続けた結果」を皆さんにお伝えしています。

「睡眠時間なんて少なくても大丈夫!」と思っているそこのあなた。

僕の体験談を見てから、もう一度考えてみてください。

では、レッツゴー!!!

⬇︎睡眠がいかに大事かを学ぶことができる一冊です。

1日4時間睡眠の1日のスケジュール

1日4時間睡眠チャレンジ中の1日のスケジュールは以下の通りです。

4:30-起床

5:00-出社

12:00-昼食

19:00-夕食

24:00-退社

24:30-就寝

家から会社まで徒歩で10分程度だったので、移動時間の無駄はほとんどありませんでした。

仕事時間は、1日約18時間。

会社の鍵を持っていたのと、創業したばかりの会社だったので、労働基準法とかそんなのは特になく、働きに働きました。

1週目-食欲がなくなり、体重が激減する

「食事時間がもったいない!」と考えていた僕は、以下のような食生活を送っていました。

朝食-なし

昼食-おにぎり1個、バナナ1本、野菜ジュース(10分)

夕食-吉野家・松屋の牛丼(15分)

夜の牛丼が毎日の幸せタイムだったのですが、

1日4時間睡眠を3日程度続けると、一気に食欲がなくなりました。

体が脂っこいものを受け付けなくなり、牛丼が食べられなくなったのです。

そうすると、1日の食事は昼食のみ。

そして、おにぎりさえも、段々食べる気力がなくなってきます。

結局僕は、1ヶ月で体重が10kgも落ちてしまいました。

2週目-エナジードリンク中毒になる

2週目になると、食欲を無くしてプチ断食っぽい感じになっているので、頭が冴えてきます。

しかし、その冴えが1日中続かないので、Red Bullなどのエナジードリンクを飲むようになって、強制的に頭の冴えを持続しようとしました。

プチ断食でお腹にあんまりものが入っていなかった結果なのか、エナジードリンクの効果は凄まじく、

「エナジードリンクがあればいつまでも仕事ができる!」というテンションになってしまい、

1日に4-5本はエナジードリンクを飲むようになってしまいました。

エナジードリンク無しでは仕事が進まない、エナジードリンク中毒になってしまったのです。

3週目-感情が消え去る

営業といった対面の仕事ではなく、ひたすらパソコンに向かって、データの解析をしていた僕は、徐々に感情を失っていきました。

喜怒哀楽の感情が、ほとんどなくなっていたのです。

「タスクが終わった達成感?どうでもいい」

「○○が僕に文句を言ってる?どうでもいい」

「上司が僕を褒めている?どうでもいい」

ぜーんぶ、どうでもよくなりました。心から。

まるで自分がロボットになったかのような感覚でした。

何も感じることができなくなってしまったので。。。

4週目-壮絶な虚無感に襲われる

4週目、とある感情が復活してきます。

それは、ネガティブな感情です。

普段は全く考えもしないような言葉が頭を駆け巡ります。

「僕が生きている価値なんてない。」

「何のための仕事なんだろう。」

「全て消えて無くなればいいのに。」

土日関係なく、毎日4時間睡眠、18時間労働を続けていても、終わることのないタスクを目の前にして、

僕の体とメンタルは限界に達していたのだと思います。

毎日、負の感情で頭がいっぱいでした。

1ヶ月後-会社に行けなくなる

そして1ヶ月がたった頃、朝起きると、僕の体は全く動かなくなり、会社に行くことができなくなりました。

会社に行くことを考えただけで、吐き気がしてしまい、体が言うことを聞かなくなったのです。

そこから僕は、有給で10日間会社を休み、気力・体力共に回復。

僕を洗脳していた上司も無事に退職しており、「もう二度と睡眠時間なんて削るもんか!」と堅い決意を胸に、仕事に復帰しました。

結論-睡眠時間を削るのは愚策

1日4時間睡眠を1ヶ月間続けて分かったこと。

それは、「睡眠時間を削って仕事をするのは愚策中の愚策である」ということです。

睡眠時間を削った結果、体重が10kg減り、感情を失い、鬱みたいな状態になってしまった僕ですが、

その対価として得られたのは、「1年分の有給休暇の消化」「”あいつ、仕事好きなんだな”という周りからの評判」だけでした。

なんともお粗末な対価です!!!

こうならないためにも、睡眠時間はしっかりとって、仕事に励んでください。

「睡眠時間を削って仕事をするのは愚策中の愚策である」

この言葉を、しっかり胸に刻んで欲しいです。

睡眠削って仕事をしても、良いことなんて、ほとんどありませんから。

⬇︎睡眠がいかに大事かを学ぶことができる一冊です。

では、今回はここまで!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

また次回、お会いしましょう。

英語学習,宇宙,地球,ブラックホール,VOA,アイキャッチブラックホールと宇宙のロマン。地球に最も近いブラックホールとは。前のページ

大学の授業料は免除されるべきか?教育のあり方について考えてみる。次のページ英語学習,VOA,オンライン授業,大学,授業料,アイキャッチ

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
アメリカ・イギリスでベストセラーの睡眠本!
【睡眠こそ最強の解決策である】の購入はコチラ
アメリカ・イギリスでベストセラーの睡眠本!
【睡眠こそ最強の解決策である】の購入はコチラ