カンクン

カンクンのシュノーケリングツアーで楽しんだ話とお金関連で非常に面倒臭かった話。

こんにちは。

2019年1月24日に奥さんと世界一周を始めたゴリぱちです。(@3Bgoripachi)

今回は、カンクンシリーズ第11弾として、カンクンのシュノーケリングツアーで楽しんだ話とお金関連で非常に面倒臭かった話をご紹介します!

*動画にもまとめているので、読むのが面倒くさい方は動画をご覧ください!

 

では、カンクンシリーズ第11弾!

カンクンのシュノーケリングツアーで楽しんだ話とお金関連で非常に面倒臭かった話へレッツゴー!!!

そうだ!シュノーケリングへ行こう!

カンクンに滞在して1週間程度が経過した中で、正直ダウンタウンの探索に飽きていた僕たちは「カンクンの綺麗な海でシュノーケリングをしよう!」となり、最も安くツアーを提供しているっぽいダウンタウンのとあるツアーデスクへ向かいました!

↓この辺のツアーデスクです。

 

そこで、1人$35で、「マングローブ林の中をボートでドライブ+カンクンの海でシュノーケリング=合計3時間程度」というツアーに参加することにしました!

普段なら、絶対にツアーに参加しないのですが、シュノーケリングだけはどうしてもツアーじゃないと行けず。。。

マングローブ林も特別必要なかったのですが、シュノーケリングだけのツアーは無いと押し切られ。笑

その場でツアー参加が決定すると、集合時間と集合場所を指定されます。

僕らのツアーは13時開始で、12:30に出発ポイントへ集合するものでした。

最初のツアーデスクでデポジットとしてツアー代金の1/3程度を支払います。

クレジットカードだと5%くらい手数料が取られてしまうので、なるべく現金で支払うことをオススメします!

集合場所がホテルゾーンなので、いつも通りWalmart前からR-1,R-2のバスに乗ってホテルゾーンへ向かいます。

↓ダウンタウンからホテルゾーンへの行き方はこちら!
・カンクンのダウンタウンからホテルゾーンまでの行き方を紹介します!

集合場所は、「カンクンベイリゾート」の裏の船着場です。

↓Walmartからはバスで15分くらい。

ここで、残りのお金を払うのですが、ここで謎の「税金」が発生し、結局1人$40くらいになりました。

なんかよくわからないですけど、まあもうここまで来てるので参加するしかありません。

陽気なガイド「ノエル!」

今回参加したのは韓国のカップル2組と僕ら日本人カップル1組の合計3組!

メキシコに来て、全員アジア人ってすごく変な感じがしました。笑

↓そして、彼がガイドのノエル。とっても元気でおもろい人です。

ボートの簡単な使い方を説明してもらい、いざボートへ乗り込みます!

ボートに乗る際に、写真を撮られます。

まさか、この時の写真がめちゃめちゃ面倒なことになるとは夢にも思いませんでした。。。

この時の僕らは、時に気にすることなく、最高のスマイルで写真を撮り、船を出発させます。

ツアーデスクでの説明では、初めにマングローブ林を抜け、南の方の浅瀬のビーチでシュノーケリングをするはずでした。

それがなぜか、出発から全く違うポイントへ向かっていきます。

いきなり荒波をくぐり抜け、めちゃめちゃ沖へと向かいます。

ボートに乗ること20分。

初めの5分は楽しかったものの、波が高すぎていつボートが転覆するのか分からないくらいになっていました。

ちなみに、このボートは2人乗りで、ガイドのノエルは遥か彼方へ。。。

そしてたどり着いたのが、波がべらぼうに高いシュノーケリングポイント。

↓多分、ここらへん。

もう当初の場所とかけ離れすぎて意味が分かりませんでしたが、とりあえずシュノーケリング開始。

すると、韓国人カップルが2組とも海に入るのをためらいます。

分かります。その気持ち。

本当、潜るとやばそうなくらい波が高かったんです!

でも、僕らはシュノーケリングをするために参加しました。

マングローブ林を眺めるために参加したのではありません。

「いきます」と意志を示し、一番に海に飛び込みます。

すると、他のカップルも続々と海へ。

波は高かったものの、魚はたくさんいて楽しかったです。

ただ、僕はボートの揺れと波の揺れで途中から完全に吐き気との戦いに変わっており、

海ではほぼ漂っているだけでした。笑

シュノーケリングは約30分で終わり、そこからまたボートで20分かけてマングローブ林へ。

僕はもうHPが0になっていたので、奥さんにボートの運転を任せてひたすら吐かないように耐えてました。

そしてマングローブ林へ到着。

波もなく、非常にゆったりと過ごすことができました。

↓マングローブ林の場所は多分このへん。

マングローブ林を15分くらい周ると、ノエルが馬鹿でかい魚を手に「ほら!この魚と一緒に写真を撮って!」と渡してくるので、一緒にパシャり。

この魚はノエルの家族の晩御飯になるらしいです。笑

無事に戻ると、まさかの事態に。

綺麗な海をボートで乗り回し、魚がたくさんいるシュノーケリングを楽しみ、のんびりとマングローブ林を周ることができた僕たちは、割と満足度が高い状態でツアーを終えることができました。

船を船着場に戻したところで、ノエルがこんな発言を。

「チップお願いね!ノエル頑張ったから、チップお願いね!$20(約2,000円)くらいでお願いね!」

それを聞いた僕たちは、とりあえず笑います。

「いやいや$20って笑 ノエルも冗談が好きだなあ笑」

ボートを降りて、僕たちは50ペソ(約300円)くらいのチップを用意しようとしていました。

ツアー代金が2人で約$80(約8,000円)で、その中にノエルの給料も入っていると考え、その金額にしました。

仮に10%という普通のチップをあげたとしても、多くて130ペソ(約800円)です。

するとどうでしょう。

先に降りていた韓国人カップルが、普通に$20/$30をノエルにあげているではないですか。

「え、さっきの冗談じゃなかったのかよ!!!」

僕たちは、全く現金を持ち合わせていなかったで相当ビビっていました。

とりあえず100ペソ(約600円)をノエルに見せて、「これくらいしかなくて、これでいい?」と聞いたら「今回はokよ!次またよろしくね!」と笑顔で送り出してくれました。

韓国人カップル恐るべし。。。てか、普通バカンスで来ているとこれくらい払って当然で、僕たちがおかしいのでしょうか。。。

唖然としていると、次はテキーラボトルや写真を持ったお兄さんがやってきます。

「君たちが船に乗っている写真や出発にする時に撮った写真をボトルのラベルにしたり、アルバムにしたよ!」とのこと。

「お、いいねえ、ありがとう」と僕たちがそれを手にすると、彼はこう言ってきます。

「デジタルデータも全部合わせて、$50(約5,000円)だよ!」と。

「は???え、ツアー代金に込みじゃないのこれ???」

デジタルデータ12枚+2人の写真のラベルがついた200mlのテキーラボトル1本+L版の2人の写真1枚の合計3点セットで、まさかの$50を要求。

「いや、そんな高いならいらんわ」と僕たちが素通りしようとすると、こう言ってきます。

「韓国人カップルは買っていったよ!僕たち待っている間に頑張った!お金はお金だけど、思い出は一生残るよ!」

もうツッコミどころ多すぎてびっくり。

ツッコミ1「韓国人カップルよ!お前たちはこれを$50で買ったのか!!!」

ツッコミ2「いや、写真最後に買うとか聞いてないし!!!強制購入させようとすんな!!!」

ツッコミ3「めっちゃ良いこと言ってるけど、言動が合ってないわ!!!」

ツッコミのオンパレードの中、「そもそもドル持ってないから!」と彼を振り切ろうとすると、彼が値下げをしてきます。(彼は陸に繋がる桟橋の一本道を通せんぼしていたので、彼をふり切るためには彼を海に落とさないといけない状態。。。なので、強引には振り切れす話を聞くしかない。。。)

「わかった。400ペソ(約2,800円)でどう?」と切り出す彼。

「いや、いきなり半額やん。どういうこと。」と、思いながら、本気でいらなかったので「本当に要らない。」と意思表明すると、彼がさらに値引きを開始。

「他の人には言わないでね。300ペソで手を打とう。(約1,800円)」と切り出してきました。

もう本気で要らないので、無視していると、悲しそうな顔をしながら「わかったよ!200ペソ(約1,200円)だ!はした金じゃないか!俺だって生活かかってるんだ!買ってくれよ!」と迫ってきます。

「いや、ほんま誰がいつお願いしたんや。そして、買わないと帰れないパターンとか、なんだこの罰ゲーム。」

と思いながら、めちゃめちゃ面倒くさかったので、デジタルデータのみを200ペソで購入しました。

その場でメルアドを書いて、後日データが届く仕組みです。

そこで届いた写真がこれ。割といい写真だったのですが、後味の悪い思い出が刻まれました。笑

いい写真なんですけどね!笑

まとめ

とりあえず、ツアーは面白かったです!

価格もそこまで高くなかったし、満足はしました!

ただ、チップのくだりだったり、写真のくだりだったり、お金が交わってきたところでは、非常に面倒くさかったです。

何かツアーに参加される方は、ツアー代金以外に今回のような出費もかかることを、事前に頭に入れておいてください。

僕たちは、あまりにも想定外のことだったので、精神的ダメージが大きかったのですが、事前にわかっていれば、もう少し余裕をもって対応できたと思います。

「やっぱりツアーに参加するのは控えよう」と反省しきった僕たちでした。笑

では、今回はここまで!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

まだ今回の動画を見ていないという方はこちらからどうぞ!

*カンクンシリーズのブログ/動画も作っているので、興味がある方は是非ご覧ください!

記念すべき1カ国目は、メキシコのリゾート地として有名なカンクンに来ています!
・世界一周1カ国目!LCCを29時間乗り継ぎ、メキシコのリゾート地カンクンへ!

 

カンクンシリーズ第2弾として、髪がモッサモサだったので、カンクンのローカルな床屋で髪を切った模様も書いています!
・メキシコのリゾート地、カンクンのダウンタウンで散髪してみた!! 

 

カンクンシリーズ第3弾として、ダウンタウンからホテルゾーンまでの行き方を紹介しています!
・カンクンのホテルゾーンからダウンタウンまでの行き方を紹介します!

 

カンクンシリーズ第4弾は、僕たちが滞在していたダウンタウンにあるMercado 28というマーケットを思い切り楽しむ方法をご紹介しています。
・カンクンのダウンタウンにあるMercado 28(28市場)を思い切り楽しむ方法! 

 

カンクンシリーズ第5弾は、カンクンのダウンタウンで最も美味しいカフェについて紹介しています!
・カンクンのダウンタウンで最も美味しいカフェはここだ!!!

 

カンクンシリーズ第6弾は、カンクン空港からダウンタウンまでADOバスで移動する方法について紹介しています!
・ADOバスでカンクン国際空港からダウンタウンへ行く方法!

 

カンクンシリーズ第7弾は、カンクンからトゥルムまで自力で行く方法と、街の観光ポイントを紹介しています!
・カンクンからトゥルムへ自力で行く方法と観光ポイントをご紹介!

 

カンクンシリーズ第8弾では、カンクンからグランセノーテまで自力で行く方法と絶景を紹介しています!
・メキシコの絶景スポット!カンクンからグランセノーテへ自力で行く方法!グランセノーテの絶景もご紹介!

*セノーテの水中の様子はこちらから!

 

カンクンシリーズ第9弾では、カンクンのダウンタウンにあるパラパス公園でローカルフードを楽しむ方法をご紹介しました!
・カンクンのダウンタウンにあるパラパス公園でメキシコのローカルフードを堪能しよう!

 

カンクンシリーズ第10弾では、カンクンのダウンタウンからイスラムヘーレスという離島まで自力で行く方法と楽しみ方をご紹介しました!
・カンクンの離島で絶景を!イスラムヘーレスへ自力で行く方法と絶景ポイントのご紹介!

 

仕事を辞めたいと思っている人へ

・ニートだった僕から、自分には価値がないと思って苦しんでいる人へ伝えたいこと。
・会社を辞める前に読んでほしい!会社を辞める時に必要な3つの心構え。
・サラリーマンを辞める第一歩!「株式会社自分」という考え方。
・会社より自分を大事にしてほしい。会社を辞められなくて悩んでいる人に伝えたいこと。
・自分の人生を生きることの大切さ。猛烈ボスの5つの教え。

スタートアップのあれこれ

・スタートアップで3年間働いて後悔したこと。恥ずかしながら、打ち明けます。
・新卒でスタートアップで働くメリット・デメリットをまとめてみた。
・3年間スタートアップで働いて得られた3つのこと。
・博士課程の就活はスタートアップで決まり。他にはないキャリアを築こう。神になれるよ。

ためになった本

・戦争を二度と起こしてはいけない。戦争に行った若者の心の叫び「きけわだつみのこえ」を20代の私達が読むべき理由。
・[OKR]組織におけるミッション・ビジョン・バリューの違い/決め方まとめ。
・[ユダヤ人大富豪の教え]僕がこれまで達成できたこと、達成できなかったことをまとめてみた。
・[年輪経営]資金調達の金額に踊らされてはいけない。ベンチャーだからこそ利益を追求せよ。

人気記事

・新卒で入った会社を2ヶ月で辞めた僕が思う、良かったこと/大変だったことまとめ。
・Tinderで出会って半年で結婚!パートナーを見つけるまでにやったことまとめ。
・本当の自分を知る方法。僕の特徴を100個絞り出してみた。

関連記事

  1. Tinder

    旅で出会いを求める人にTinderをオススメする5つの理由。

    こんにちは。ゴリぱちです。(@3Bgoripa…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周YouTube始めました!

まずはこちらから!

カテゴリー

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

59人の購読者に加わりましょう

Twitter でフォロー

世界一周YouTube始めました!

PAGE TOP