挑戦するために必要な3つの条件。これを満たせば、なんでもできる!

公開日:2020年11月26日
     
 挑戦,仕事,人生  
   

こんにちは。

ごりぱちです。

「挑戦したい!でも、収入が不安定になるし、将来が見えないから一歩が踏み出せない。。。」

そう思ったことはありませんか?

僕も、大学院卒業後、新卒で入った会社を2ヶ月で辞め、従業員0名のスタートアップで働こうか悩んだ時、同じような気持ちになりました。

しかしながら、そういった人生の岐路に立った時、挑戦を諦めることなく、一歩前に踏み出せたのは、自分の中で決めていた「挑戦するために必要な3つの条件」を満たしていたからです。

ということで、この記事では、僕の考える「挑戦するために必要な3つの条件」について紹介しています。

「挑戦したい!でも、やみくもに突っ込んでいくのは少し不安だ。。。」

こういった気持ちを持っている方は、是非とも参考にしてみてください!

では、レッツゴー!!!

-スポンサーリンク-

最低限の生活イメージがある

まず、何よりも一番初めにしないといけないのは、「自分が満足に生活するために必要な環境や、それを満たすための収入」をしっかり描き出すことです。

例えば、僕の場合、こんな生活環境を書き出していました。(ひとり暮らしの時)

・寝る場所があればいい。できれば4畳半以上。

・固定インターネットは必須。

・洋服はユニクロやGUでOK。スーツは2-3着を用意する。

・食べ物は自炊。外食するとしてもすき家とか。

これで終了です。笑

ひとり暮らしだと、何にも要らないんです。

パソコン・スマホ・インターネットがあれば、楽しいことは無尽蔵に溢れ出てきます。

たまに散歩ができたりすればそれでOKなんです。

次に、その生活環境を満たす収入を書き出します。(ひとり暮らしの時,東京で)

・家賃は50,000円以内/月

・光熱費は10,000円以内/月

・スマホ/固定wifiは10,000円/月

・食費は5万円以内/月

・雑費は30,000円/月

つまり、15万円ほどあれば、僕は割と楽しく生きていけることが分かったんです。

実際、僕が東京にひとり暮らししていた時の1ヶ月の生活費は、家賃とか食費とか全てコミコミで15万円あたりでした。

-スポンサーリンク-

最低限の収入がある

次は、収入です!

先程、自分が満足できる生活環境に必要な金額を出したと思うので、その金額を基準に考えてみましょう。

僕が従業員0名のスタートアップで働くとなった時、最初の給料は手取りで12万円とかでした。全く売り上げなかったんで。笑

「いや、給料低すぎやん。絶対挑戦したくないわ。。。」

そう思う方もいるでしょう。

しかし!!!僕の場合は違ったのです!!!

僕「まあ、ほぼ僕の生活に必要な金額は出てるし、普通に生活できるわ。これならスタートアップで挑戦できるな!!!」

そうなんです。

最低限の生活に必要な金額を知ることで、僕は安心してスタートアップで働くことができたんです。

これが、何も基準を持っていなかった場合、きっと僕も挑戦しなかったでしょう。給料が低すぎる点をネックにしていたはずです。

もちろん、人によって生活水準は違います。しかし、冷静に生活環境を見直してみることで、意外と挑戦できる範囲は広がるのかもしれませんよ!

また、自分が満足できる生活を満たすだけの収入がどれくらいか分かれば、それは仕事選びの際にめちゃくちゃ重要な指標となって、仕事選びの迷いも少なくなります。

さて、最後は、「スタートアップに挑戦できても、それがいつ潰れるか分からないし。。。」という不安を解消していきましょう。

-スポンサーリンク-

いつでも再就職できる繋がりがある

確かに、従業員0名とか、まだ軌道に乗ってない会社に飛び込むのは、将来が見えないですし、不安にもなりますよね。

そんな時、大事になるのが、「いつでも再就職できる繋がりをもっておくこと」です。

僕の場合、大学院時代に知り合った方の中で、「いつでもウチにこい。一緒に仕事しよう。」と声をかけてくれる人がいました。

口約束だけではなく、しっかり契約書類を作ってくれ、「もし、その挑戦がダメだった時は、ウチでいつでも面倒見るから、精一杯チャレンジしてこい!」と、背中を押してくれました。

その安心感があったからこそ、僕は従業員0名のスタートアップで働くことができたのだと、今振り返れば思います。

「そんなこと言っても、今はまだ全然繋がりなんてないよ!」

安心してください。スタートアップで働き出したら、いくらでも繋がりはできます。

大企業の一社員ではなく、会社の看板を背負う代表みたいな責任感を持って仕事をすることになるので、知り合いの増え方が尋常じゃなく増えますし、契約の際は責任者の方と話すことになるので、他社の管理職の人と仲良くなりやすいです。

基本、管理職の方々は40歳以上で、その会社で権力を持っています。その方々に仕事で認めてもらったら、働いている会社が潰れてしまっても、必ず仕事のオファーはもらえます。

実際、僕がスタートアップで3年働いて辞める時も、仕事で知り合った方々から4-5社ほど仕事のオファーをいただくことができました。

これは、スタートアップで働いたからこそ、得られたものだと思いますね。

-スポンサーリンク-

まとめ

・最低限の生活イメージがあること

・最低限の生活を支える収入があること

・いつでも仕事を得られる繋がりがあること

この3つの条件が揃っていれば、どんな環境でもチャレンジすることができます。

「チャレンジしたいんだけど、その一歩が出せない。。。」という方は、この3条件について、もう一度考えてみてください!

意外と、チャレンジできる環境は整っているのかもしれませんよ!

では、今回はここまで!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

また次回お会いしましょう!

-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

教師,労働環境学校の先生が忙しい理由は、長時間労働が評価される文化にある。前のページ

Teach For Japanのフェロー候補生紹介!庄子貴喜さんの教育に対する想い。次のページteach for japan, 教育, インタビュー

ブログの最新情報をゲットしよう!

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

stand.fmでラジオ配信始めたよ!

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

コロナにも対応!-オススメ海外旅行保険-

海外旅行保険,safety wing

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

カテゴリー

アーカイブ

ブログの最新情報をゲットしよう!

PAGE TOP
新たな人生を踏み出そう!
新たな人生を踏み出そう!