海外で宗教を聞かれたら注意すべきこと。

公開日:2018年6月4日
     
 海外旅行,NGワード  
   

こんにちは。

ごりぱちです。(@3Bgoripachi)

これまで、15カ国程度周ってきましたが、

宗教=文化なので、色んな人と宗教の話をしてきました。

イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教など、細かいのを入れからキリがないです。

その経験の中で、

宗教トピックになったら絶対に言ってはいけないワードを発見しました。

それは「無神論者」です。

ごりぱち「僕は無心論者だよ!」

友人「君は全宗教を否定している。あり得ない。

こう言うことがあるんですね。

今回は、「なんで無神論者って言ったら変な目で見られるの?」という話を皆さんにシェアしようと思います!

短いのでサクッといきましょう!

では、レッツゴー!!!

▶︎なぜ宗教は必要なのか?インドネシア・アチェの津波孤児に気付かされた宗教の大切さ。

▶︎排他的な人間は面倒くさい。熱心な宗教信仰者が排他的になる理由とは?

⬇︎宗教のことを学ぶなら、分かりやすくてオススメです。

宗教の信者にとって、無神論者はありえない。

僕がインドネシアのアチェという、インドネシア国内のイスラム教のメッカである地域で、

仲良くなった子と話をしていたら、何でか覚えてないけど宗教の話になりました。

アチェに関しては、この記事を読んでみてください!

▶︎なぜ宗教は必要なのか?インドネシア・アチェの津波孤児に気付かされた宗教の大切さ。

▶︎インドネシア・アチェで見たイスラム教の姿。そこには、平和な世界が広がっていた。

▶︎「人生とは戦いだ。」強く生きるために必要なこと。インドネシア・アチェから学ぶ、戦う意思の大切さ。

その時、彼女はこう聞いてきました。

彼女「日本人って仏教だっけ?神道だっけ?」

僕「どっちもあるよ!まあ、僕は無神論者だけど

彼女「ねえ、私の前だからいいけど、それ絶対他の人に言っちゃダメ。マジで嫌われるよ。

なぜ無神論者ではダメなのか。

彼女いわく、

他の宗教を信じているのは別に何とも思わないらしいんです。

それぞれ価値観が違うからと。

でも、神様を信じていないとなると、全ての宗教を否定することになる。

それは、宗教を大事にしている人からしたら、自分たちの信仰の存在を否定されてるのと同じことだから、

めちゃめちゃルーズなことだと。

なるほど、確かにめっちゃ一理ある。

旅行先でせっかく仲良くなった人と、

たった一言で険悪なムードになるのは絶対に避けたい。

そのためにも、

無心論者とは絶対に、口が避けても言わないようにしましょう。

仏教とか、神道とかで紛らわせてください。

イスラム教の国での失敗。

郷にはいらば郷に従えです。

例えば、

イスラム圏の場合、

基本は長ズボンです。

膝を見せてしまうと神に無礼だから。

僕は一度、半ズボンでモスクに入って、めちゃめちゃキレられました。

ターバン巻いたおじさんに囲まれて、訳わからん言語でキレられました。

トラウマすぎて、二度とイスラム圏では半ズボンを履かないとアッラーに誓いました。

それから握手は絶対右手です。

左手はお尻を拭くようなので、左手で握手しようとするとめちゃめちゃ無礼になります。

ボランティア団体で働いていた際、ボスと初めて対面した時に、

僕は右手にペンを持っていました。

そして、ふと、左手を出したら、

ボスが手を引っ込めて、凄まじいくらいの見下した雰囲気を醸し出してきました。

そこから僕は、

影でウンチ野郎と言われていたようです。

もちろん、そのあとめっちゃ謝って仲直りしましたが、

一期一会の旅の時に、

左手を出しただけでウンチ野郎と思われるのは絶対に避けたいので、

絶対右手を出してください。絶対です。

挙げだしたらきりがないですが、

特に、宗教を大事に扱っている国では、

その国ならではの文化をきちんと調べて、

国ごとのしきたりを大事にしましょう!

そうすれば楽しみ方が120%増えますよ!

▶︎インドネシア・アチェで見たイスラム教の姿。そこには、平和な世界が広がっていた。

▶︎なぜ宗教は必要なのか?インドネシア・アチェの津波孤児に気付かされた宗教の大切さ。

▶︎排他的な人間は面倒くさい。熱心な宗教信仰者が排他的になる理由とは?

⬇︎宗教のことを学ぶなら、分かりやすくてオススメです。

今日はこれで終わり!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

世界一周を考えている方必見!

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

世界一周YouTube始めました!

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP