Drop Box,創業者,人生哲学

スタートアップ

【起業家の名言】Dropbox創設者(ドリュー・ヒューストン)が語る人生論とは。

mohamed_hassan / Pixabay

こんにちは。

ゴリぱちです。(@3Bgoripachi)

2018年の6月頃、東京大学でDrop Boxの創業者である、ドリュー・ヒューストンさんの講演会があったので、それに参加してきました。

めちゃめちゃ時間がたっていますが、今回は、その講演内容についての共有と、僕なりの意見を書いていこうと思います。

*スティーブ・ジョブスについても過去に取り上げたので、興味がある方はこちらからどうぞ!
・スティーブ・ジョブズの最後の言葉に思うこと。

では、レッツゴー!!!

ドリュー・ヒューストンさん

売り上げが1,000億円を超え、利用者数は5億人超え、企業価値は約1兆円と言われてるクラウドサービスを展開するDrop Boxの創設者であるドリュー・ヒューストンさん

なんとまだ35歳。

「35歳でどんな人生歩んでんねん!!!」と心の中で突っ込むことしかできない。

彼が一躍取りざたされた有名なインタビューがこれだ。

 

世界的にも有名な方の講演会なのに、400人くらい入れる会場に250-300人くらいしかいない。

なんなら講演の初めは空席がわかるくらいだった。

日本人よ、なぜ聞きに来ない。

そんなことはさておき、彼が一番初めに問いかけたこと。

それは、“What is your happiness?”だった。

幸せの形は人それぞれ違う。

だからこそ、君ならではの幸せの形を見つけてほしい。

この言葉から、講演は始まった。

会社を上場させようと思った理由

Drop Boxは2018年3月23日に上場を果たし、時価総額は120億ドル(約1兆2,000億円)となり、名実ともに、ビッグカンパニーの仲間入りを果たした。

・Dropbox、上場初日の株価は36%アップ――終値は$28.48、100億ドル企業の仲間入り by tech crunchさん

彼曰く、”上場とはメジャーリーグみたいなもの”らしい。

“マイナーリーグとメジャーリーグでは、観客(投資家や消費者)の目が変わってくる。厳しい世界でどんどん成長していきたい。”

なるほど、言いたいことはなんとなくわかる。

ここで、司会者から「上場すると投資家からの意見が強くなると思いますが、上場前後で会社の方針として何か大きく変わったことはありますか?」というナイス質問。

それに対して”確かに、投資家と顧客が求めていることは違う。しかし、会社のミッションと存在意義は上場前後で何も変わらない。今回の上場の目的も、最高のサービスを末長く使ってもらうために、会社を永続させるために選択した事だ。”

資金が潤沢にあるのなら、上場は確かに必要ない。

しかし、市場からお金を集めて、さらに大きな事業へ投資する事で会社の永続に繋げることができる。

ふむふむと聞き入っていく。

さらに司会者が問う「上場まで持っていくために一番大切なことはなんでしたか?」

この質問に対して、彼はこう断言する。

“Hire the best people. It is the most important.”

兎にも角にも、最高の人材を雇うことが、もっとも大事だということだ。

これは非常に共感する。

会社のビジョンやミッションに共感せず、とにかくお金を稼ぎたいというモチベの人を創業期に加えると、会社がボロボロになってしまう。

僕自身が、スタートアップ時代に経験したことなので、非常に頭に入ってくる。

彼は、MIT時代、一緒に仕事ができる優秀な人を常に探していたそうだ。

なんなら、優秀な人を見つけるためにMITに入った勢い。

やはり、大学は知識を詰め込むのではなく、コミュニティ形成の場になっているんだなと改めて感じることができた。

・大学に行く理由とは?大学の存在意義を考えてみた。

人生を豊かにする3つのこと

ここで、彼が一躍有名になったMITの卒業式のスピーチの内容が話題に登った。

テニスボール

犬と遊んでいる時、テニスボールを投げてあげると、わき目も振らずにテニスボール一直線に走っていく姿のように、

君たちも同じように、“わき目も振らずに熱中するようなこと”を見つけよう。

社会の課題を解決することは、僕にとって、とてつもなく楽しいことなんだ。

君にとってのテニスボールを、人生の早い段階で見つけられると、それは幸せかもしれないね。

30,000

人生を80年だとすると、僕たちには30,000日の時間が与えられているという事になる。

“大手に入って起業の準備している”とか”コンサルに入って起業の準備している”とかは、違うと感じる。

起業することと、企業に勤めることはあまりにも違うことだから。

テニスボールを見つけたのなら、すぐ起業にチャレンジしてほしい。

“リスクがあるから”ということを聞く事もあるけども、リスクがあったっていいじゃないか、完璧じゃなくていい、面白い方がいい、毎日が小説の1ページなんだから。

サークル(円)

普段密接に過ごしている5人が、自分の人生に置いて重要な存在となる。

自分がどれだけできるかは、その5人の平均値だと捉えておけばいい。

だからこそ、自分がどんなコミュニティに属するのか、どんな人と過ごしたいのかを意識していこう。

オススメされた本

戦略系の本だと、これが一番だとのこと。

英語版しかないですが、興味のある方は是非読んでみてください!

終わりに

1時間程度の短い公演でしたが、生で会えたのでよかったです。

ただ、「もう4-5年前の卒業公演の話をなんで掘り返すんだよ」とも思ってしまいました。

年数がたてばある程度考えも変わるでしょうし、「今の」考えをもっと聞いてみたかったと思います。

しかし、彼のスピーチは年数を経ても一度は聞くべきだと思います!

是非一度聞いてみてください!

*スティーブ・ジョブスについても過去に取り上げたので、興味がある方はこちらからどうぞ!
・スティーブ・ジョブズの最後の言葉に思うこと。

では、今回はここまでです!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

仕事を辞めたいと思っている人へ

・ニートだった僕から、自分には価値がないと思って苦しんでいる人へ伝えたいこと。

・会社を辞める前に読んでほしい!会社を辞める時に必要な3つの心構え。

・サラリーマンを辞める第一歩!「株式会社自分」という考え方。

・会社より自分を大事にしてほしい。会社を辞められなくて悩んでいる人に伝えたいこと。

・自分の人生を生きることの大切さ。猛烈ボスの5つの教え。

スタートアップのあれこれ

・新卒でスタートアップで働くメリット・デメリットをまとめてみた。

・3年間スタートアップで働いて得られた3つのこと。

・博士課程の就活はスタートアップで決まり。他にはないキャリアを築こう。神になれるよ。

ためになった本

・戦争を二度と起こしてはいけない。戦争に行った若者の心の叫び「きけわだつみのこえ」を20代の私達が読むべき理由。

・[OKR]組織におけるミッション・ビジョン・バリューの違い/決め方まとめ。

・[ユダヤ人大富豪の教え]僕がこれまで達成できたこと、達成できなかったことをまとめてみた。

・[年輪経営]資金調達の金額に踊らされてはいけない。ベンチャーだからこそ利益を追求せよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 起業,スタートアップ,就活
  2. スタートアップ,転職,年収
  3. 人生がつらい,考え方
  4. 東京在住,メリット,デメリット
  5. 免許合宿,20代,車
  6. 国連,起業家,国際貢献

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周YouTube始めました!

note始めました!

東大,合格,方法

まずはこちらから!

記事まとめ,ブログ

カテゴリー

アーカイブ

人気の投稿とページ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

64人の購読者に加わりましょう

世界一周YouTube始めました!

PAGE TOP