日本,子育て,疑問

夫婦の関係

日本の子育て環境は異常。花火大会でひたすらゲームをさせる親、その理由とは?

mario0107 / Pixabay

こんにちは。

ゴリぱちです。(@3Bgoripachi)

先日、自分の考えをまとめている「自分ノート」を整頓していると、4年前のメモが出てきました。

・人生をより豊かにするために。自分ノートを作るべき理由。

そこには、「花火大会で子供がずっとゲーム。なぜ子供にゲームをさせているのか話を聞いたが、まじで日本は子育てしづらい環境が出来上がっている。周りの人の心が本当に狭い。」とメモってありました。

メモを見ると、当時の記憶がスラスラと思い出され、「子育て環境ってどうなん?」と主張しようと思い、この記事を書いてみました。

この記事で、日本の子育て環境について考えてもらうきっかけを持ってもらえると嬉しいです。

では、レッツゴー!!!

↓子育ての話が気になる方は、こちらからどうぞ!
・[母子家庭・子育て奮闘記①]子育ての5ヶ条。これが私の育て方。 

・[母子家庭・子育て奮闘記②]一人で生きていく決意。

・[母子家庭・子育て奮闘記③]地球より重い、我が子の命。

・[母子家庭・子育て奮闘記④]自分を愛するということ。

・[母子家庭・子育て奮闘記⑤]情報収拾は死活問題!助成は自分で勝ち取れ!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑥]ベッドタイムは本の読み聞かせ!オススメ絵本まとめ!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑦]魔法の言葉!「ありがとう」で心を豊かに!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑧]子供のテレビ時間を上手くコントロールする方法!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑨]子供の論理的思考力を引き出す方法!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑩]子供の創造力を引き出す方法!

・[母子家庭・子育て奮闘記11]子供の創造力を引き出す方法!

↓母子家庭育ちで学んだことなどもまとめてみました!興味がある方はこちらをご覧ください!
・母子家庭で育った僕が思う、「母子家庭で育って本当に良かった!」と思える5の理由。

花火を見ずに、ゲームに熱中する子供。

これは、とある夏の花火大会でのお話です。

都内の江戸川の河川敷で行われる花火大会に、独身の友達1人、すでに子供を2人産んでいる友達ファミリーと一緒に行きました。

子供は2人とも男の子で、お兄ちゃんが9歳、弟が6歳でした。

僕の小さい頃の記憶だと、花火が始まる前までは、家族で屋台で買ったご飯を食べたりして、ワイワイしていたことが思い出されるのですが、

その家族の子供たちは、ひたすらゲームに熱中していました。

「まあ、最近はゲームするよねえ。」

と特に何も思わず、花火開始まで独身の友達と屋台の飯を食っていました。

そして、いざ花火大会が始まる時、ふと横の子供に目をやると、真っ暗な中子供たちが変わらずゲームをしています。

「おいおい、そろそろゲーム止めないと花火始まるぞ?」

と思っていると、花火が始まります。

「おおおおお!」と声を上げる僕とは対極的に、2人の子供は花火が始まっているのにも関わらず、ずーーーーーっとゲームをしているのです。

花火がすごく綺麗に夜空を彩っているのに、子供たちはひたすらゲームの画面に魅せられています。

「せっかく花火に来てるのに、なんでゲームばっかりするんだろう?」

と疑問に思い、花火大会終了後に親の方に話しかけてみました。

子供を騒がせないためには仕方がない。

僕「ねえ、なんでずっと子供にゲームさせてるの?せっかくの花火大会のなのに。」

親「いやあ、去年さ、花火大会で子供がすごく興奮して飛び跳ねながら見てたら、周りの人から“邪魔だ!”とか”うるさい!”ってめっちゃ怒れられて。」

親「花火大会だけじゃなくて、子供を連れたイベントだと、子供がはしゃぎすぎたら周りの大人から怒られることが本当に多いんだよね。特に都内は。田舎の方のイベントなら人も少ないから何も言われないんだけど。」

親「子供が大人しくなるのがゲームだから、人混みの多いイベントではゲームさせるようにしてる。その方が楽だから。

なんと、子供が花火大会中にゲームをしてても何も言わなかったのは、周りの大人から怒られるのを避けるためだったのです。

僕は、すごく違和感を覚えました。

子供は元気に溢れてるし、うるさい時もあるかもだけど、誰もが通る道だし、そこに文句をつけるのはよくわかりません。

子供の騒音関連の苦情では、こんなニュースもありました。
・「子どもの声がうるさい」で保育園が開園断念! 結局みんな、考えてるのは自分のことだけ? by 現代ビジネス

もちろん、極端な例であることは認識していますが、それでも僕には理解が難しかったです。

おわりに。

「少子高齢化で、子供の数を増やさなければならない」と頭で分かってはいるものの、「子供がうるさい」とピリピリした雰囲気を作り、実際に子育てをしている人にプレッシャーを与えるのは矛盾でしかありません。

僕の経験上、日本、特に東京は子育てをするお母さんに優しくない気がします。

比較対象として、最も印象に残っているセルビアを挙げますが、あそこの首都で感じた「街の人全員で子供を守る」という意識は、本当に徹底されていました。

滞在していた2ヶ月の間、たくさんの優しさを目にしました。

例)赤ちゃんを身ごもっている人、赤ちゃんや子供を連れている人に、席を譲らない人は1人もいない。
→電車やバスなども公共交通機関では、子供づれが乗ってきたら、すぐに席を譲る。高齢者の方でも、席を譲っている。高齢者の方が席を譲ったら、その高齢者に若者が席を譲る。席を譲られた人は、譲ってくれた人にきちんと御礼を言い、談笑しながら子供の話をしている。

例)ベビーカーを持った人が公共交通機関に乗ってきたら、常に2-3人がベビーカーの乗り降りを助けている。
→バスに乗り降りするときの段差や、電車の隙間など、危なそうな部分があると、すぐに周りの人がベビーカーを持って手伝っていた。高齢者の方も、その手伝いに加わっている。

挙げたらキリがありませんが、僕が東京で目にしている日常とは大きくかけ離れています。

僕も含めた一人一人が、もっと子供を大事にするように、日頃から意識しないと子育て環境は良くならないと感じました。

子供は宝です。

お母さんを孤立させることなく、周りの人も一緒になって支えてあげれるような世界を作りたいものですね。

では、今日はここまでです!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

↓子育ての話が気になる方は、こちらからどうぞ!
・[母子家庭・子育て奮闘記①]子育ての5ヶ条。これが私の育て方。 

・[母子家庭・子育て奮闘記②]一人で生きていく決意。

・[母子家庭・子育て奮闘記③]地球より重い、我が子の命。

・[母子家庭・子育て奮闘記④]自分を愛するということ。

・[母子家庭・子育て奮闘記⑤]情報収拾は死活問題!助成は自分で勝ち取れ!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑥]ベッドタイムは本の読み聞かせ!オススメ絵本まとめ!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑦]魔法の言葉!「ありがとう」で心を豊かに!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑧]子供のテレビ時間を上手くコントロールする方法!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑨]子供の論理的思考力を引き出す方法!

・[母子家庭・子育て奮闘記⑩]子供の創造力を引き出す方法!

・[母子家庭・子育て奮闘記11]子供の創造力を引き出す方法!

↓母子家庭育ちで学んだことなどもまとめてみました!興味がある方はこちらをご覧ください!
・母子家庭で育った僕が思う、「母子家庭で育って本当に良かった!」と思える5の理由。

仕事を辞めたいと思っている人へ

・ニートだった僕から、自分には価値がないと思って苦しんでいる人へ伝えたいこと。

・会社を辞める前に読んでほしい!会社を辞める時に必要な3つの心構え。

・サラリーマンを辞める第一歩!「株式会社自分」という考え方。

・会社より自分を大事にしてほしい。会社を辞められなくて悩んでいる人に伝えたいこと。

・自分の人生を生きることの大切さ。猛烈ボスの5つの教え。

スタートアップのあれこれ

・新卒でスタートアップで働くメリット・デメリットをまとめてみた。

・3年間スタートアップで働いて得られた3つのこと。

・博士課程の就活はスタートアップで決まり。他にはないキャリアを築こう。神になれるよ。

ためになった本

・戦争を二度と起こしてはいけない。戦争に行った若者の心の叫び「きけわだつみのこえ」を20代の私達が読むべき理由。

・[OKR]組織におけるミッション・ビジョン・バリューの違い/決め方まとめ。

・[ユダヤ人大富豪の教え]僕がこれまで達成できたこと、達成できなかったことをまとめてみた。

・[年輪経営]資金調達の金額に踊らされてはいけない。ベンチャーだからこそ利益を追求せよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Tinder,結婚,方法
  2. シングルマザー,子育て,子育て五箇条
  3. 世界一周,理由
  4. シングルマザー,子育て,覚悟

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周YouTube始めました!

note始めました!

東大,合格,方法

まずはこちらから!

記事まとめ,ブログ

カテゴリー

アーカイブ

人気の投稿とページ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

世界一周YouTube始めました!

PAGE TOP