僕が35年ローンを絶対に組みたくない3つの理由。

公開日:      
 住宅ローン  
   

こんにちは。

ごりぱちです。

30歳となり、周りの友人が次々と35年ローンを組んで家やマンションを購入していく中、僕はこんなプレッシャーをかけられています。

「ごりぱち、お前はいつ家買うの?今は固定金利も安いし、買い時だよ!」

。。。。。

馬鹿言うんじゃないよ!!!

35年ローンなんて怖くて組めないよ!!!

ローンに誘うんじゃないよ!!!

と、毎回強めの拒否反応を出し、みんなからのプレッシャーを回避するわけですが、「なんでそんなにローン組むの嫌なの?」と聞かれることがあるので、僕なりの「ローンに対する恐怖感」についてツラツラ書いております。

決して、「ローンを組むことは間違っている!」と言いたいわけではなく、あくまでも僕の生き方においては、「ローンを組むとしんどくなる」気がするので、「ローン組むの怖すぎ病」になっているだけなので、そこはお見知りおきを。

移動の自由がなくなる、仕事を選ぶ自由がなくなる、何も挑戦できなくなる

では、ごりぱち視点のローンを組みたくない理由へレッツゴー!!!

-スポンサーリンク-

35年ローン怖い病① 移動の自由の喪失

まず、一番初めに思い浮かんだこと。

それが、移動の自由の喪失です。

35年ローンで家やマンションを購入すると、おちおち引っ越しもできません。

もちろん、すでに購入している家やマンションを売却し、それで利益が出て、次の物件に当てることができればいいのでしょうが、新築の家やマンションは住み始めた途端、10%も価値が下落すると言われています。

一般的に、不動産物件は誰かが1日でも住んだ時点で価格が10%ほど下落するといわれています。また、築年数が浅いほど価格の下落率は高く、1年ごとに新築時の1〜2%ほど値下がりすると言われます。築5年の物件は、新築時の価格の15〜20%ほど下落していると考えられるため、例えば購入時に4,000万円の物件であれば、築5年で3,200〜3,400万円ほどになるでしょう。

▶︎築浅でも売るにはコツがある。「築5年」の家を売却する際に知っておきたいポイント

都内の一等地など、よっぽどいい場所に物件を持っていない限り、次の引っ越しは割と赤字になりそうな予感が。。。

夫婦で世界一周していた僕たちは、一つの場所に数十年単位で住むことにあまり興味がなく、現実味もありません。

「住みたいと思った場所に気軽に住んでみたい。」そんな価値観の僕たちにとって、35年ローンを組むことは、あまりにも大きな足枷に。。。

こりゃローンなんて組みませんわ。賃貸でOKってなっちゃいます。

-スポンサーリンク-

35年ローン怖い病② 仕事を選ぶ自由の喪失

これも、真っ先に思い浮かんだことでした。

35年ローンを組むと、当たり前の話ですが、35年間、毎月一定金額の住宅ローンを支払うことになります。

僕の友人の場合、毎月8-9万円の住宅ローン支払いの契約をしていました。

いいですか?35年間、必ず払い続けなければならないんですよ?

それって、めちゃくちゃ怖くないですか?

もし、体調を崩して仕事を辞めてしまったら?仕事が嫌になってしまったら?旅に出たくなったら?一体どうしますか?

答えは一つ。

働き続けるしかありません。ローンが払えなくなったら、家は銀行の手にわたります。

てか、もともと銀行の手に家があり、35年間住宅ローンを払い続けて、やっとマイホームになりますが。。。

それはさておき、35年ローンを組むことで、仕事の自由度が極端に下がってしまうのです。

雪が降ろうが、嵐がこようが、住宅ローンは毎月あなたに迫ってきます。

それが、35年間、休みなくあなたと伴走してくるのです。

あなたがどっか羽を外して休まないように、ひたすら監視しているのです。

そんなの、僕には絶対に耐えられない!!!!

夢のマイホームよりも、自由に選択できる人生の方が、僕には価値があるように思えてならないのです。

-スポンサーリンク-

35年ローン怖い病③ 利子の支払いが高すぎる

僕の友達は言いました。

「今なら住宅ローンの固定金利が安いから、お買い得だよ!たったの1%とかだから!」

1%

それだけ聞いたら、確かに低い金利のように聞こえます。

ただ僕は、金利の力を舐めていません。

たかだか1%でも、チリも積もれば山となる。

ということで、シミュレーターで計算してみることに。

条件は、3,000万円を年利1%で35年ローンを組んでみました。

▶︎住宅ローンシミュレーター

その衝撃の結果がこちらです。

。。。。。

なにいいいいいいいいい!!!!!!

なんか、知らない間に500万円以上も利息で払ってるよ!?!?!?

もともとの借入金額の10%を軽く超えてきてるよ!!!

一体どうなってるのこれ!??!?!?!

まるで、魔法をかけられた気分ですね。

利子だけでこんなに払うなんて、僕には耐えられません。

500万円っていったら、月10万円の賃貸の約4年分にもなります。

しかも、一般的な住宅ローンの金利は1%を超えることがほとんど。。。

だから僕は、35年の住宅ローンが嫌なんです。。。

なんでこんなに余計に支払わなければならないのか。。。

▶︎住宅ローンの金利の違いで返済額はどのくらい変わる?

-スポンサーリンク-

まとめ

移動の自由・仕事を選ぶ理由の喪失、無駄に高い利子の支払いといった理由で、僕は35年ローンを組むことに真っ向から反対し、「基本は賃貸!家を買うとしても絶対に中古!そしてリノベ!予算は1,500万円!」とはっきりと決めています。

憧れのマイホームのために、いろんな自由を制限されてしまうことが、本当に嫌なんです。

銀行にべらぼうに高い利子を支払い続けるのが本当に嫌なんです。

もう一度、ここに誓っておきます。

「僕は、絶対に35年ローンを組まない!」

では、今回はここまで!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

また次回、お会いしましょう。

-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

生きがい,仕事,経営者経営者の大事な役割。「仕事を生むことは、生きがいを生むことになる。」前のページ

大手からスタートアップへの転職をオススメしない3の理由。次のページ転職,大手,スタートアップ

Amazonのお得なセールはコチラ!

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

コロナにも対応!-オススメ海外旅行保険-

海外旅行保険,safety wing

旅の英語はこれでOK!無料で会員登録!

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
新たな人生を踏み出そう!
新たな人生を踏み出そう!