メキシコのお金持ち,人生の成功

お金持ちの思考

[人生を成功に導く4つの教え]メキシコで出会ったお金持ちが語る成功の秘訣とは?

Free-Photos / Pixabay

こんにちは。

2019年1月24日に奥さんと世界一周を始めたゴリぱちです。(@3Bgoripachi)

今回は、メキシコシティシリーズ第1弾として、メキシコシティで出会ったお金持ちのおじ様から学ぶ”人生を成功に導く考え方”を共有していきたいと思います!

メキシコシティ初日に、朝の屋台でたまたま会ったおじ様が、まさかの50歳手前にて一切働く必要がない、いわゆるリタイヤ生活を営んでいることが判明!

なぜか、そのおじ様が僕たちのことを気に入ってくれて、家に招待していただき色々話すことに!

その会話には、金言がたくさんありました。

なので、今回はその金言や、おじ様の人生において大事にしてきたことを皆さんにもご紹介します!

では、アーリーリタイヤしたおじ様の教えへ、レッツゴー!!!

出会った場所

50歳手前にてアーリーリタイヤしたおじ様とたまたま出くわした場所はここ。

 

コンデサ市場というところでした。

そこの屋台で、オムレツを頼もうとしたのですが、なかなかうまくオーダーができない。。。

そんな時、頼もうとしていたオムレツを食べていたおじ様が英語で話しかけてくれました。

僕たちを救ってくれたのそのおじ様が、今回のお話の主人公でした。

↓オムレツ美味しかった!お値段は50ペソ(約300円)

オムレツを食べながら、お互いの話をしていくと、彼の経歴にびっくり。

彼は20代の頃はプロテニスプレイヤーとして活躍しており、ドイツやイタリアなどで、プロのインストラクターとして仕事をしていたのです。

しかも、メキシコにおいては500haの土地を持ち、そこにホテルや学校、病院や老人ホームなど、ありとあらゆる施設をまとめて、“全ての人間にとって有益な場所を作る”活動を現在はしているそうな。

さらには、33歳の時には自分のビジネスを売却し、ある程度のお金を手に入れ、46歳である今現在は、すでにアーリーリタイヤし、念願の子供の育児と街づくりの設計に時間を割いているらしい。

正直、そんな話を聞いた時、僕はめちゃめちゃ怪しんでいた。

おじ様の英語は、そこまで流暢ではないため、伝えたいであろう10のうち5くらいしか分からなかったし、

格好もけっこう汚かったし(本当見た目で判断してすいません)、

50歳手前でアーリーリタイヤして、”人類の平和のための街を作っている”って言われてもピンと来なかった。

正直いうと、「なんだこのおじさん。」としか思っていませんでした。

しかしながら、仕事の話以外は、「奥さんと最近生まれた赤ちゃんがいる」ということで、家族の話題で弾み、「家族持ち出し、そんな変な人ではないだろう」と少し安心。

日本人に凄く興味があるらしく、「うちでコーヒーでも飲もう!すぐそこだから!」と店を出て、彼の家に行くことに。

今思えば、よく行ったなと思いますが、これもご縁なのでしょう。

ルディおじ様

おじ様の家に到着。

割と普通のマンションの一室。

ただ、地元の人からしたら、ハイエンドなのは分かる。

このRudyというおじ様が、色々な話をしてくれた方だ。

そして、この子はRudyの赤ちゃんのエマちゃん。奥さんはひたすら赤ちゃんと遊んでいた。笑

彼は、僕と話しながら、街づくりの設計書や、土地の場所、今のメキシコの問題点や、なぜ彼が街づくりをしているのか、なぜアーリーリタイヤしてもまだ活動を続けているのかなど、色んなことを話してくれた。

その中で、まずは僕の印象に残った言葉をご紹介していきます。

ルディおじ様の金言

人類はたかが動物の1種であり、そこに上も下もない。人間だけが、なぜかランキングをつけようとしている。なんて不思議な動物なんだろう。

 

僕たちは地球に生きており、大気も・水も・資源も、色んなものを共有している。誰かのものだったり、どこかの国のものだったり、そんな考え自体が間違っている。みんなが自分の権利だけを求めている。みんなが自分の権利だけを、自分のメリットばかり追い求めたらどうなる?気づいたら、何もなくなってしまうんだ。頭では分かってるはずなのに、なぜか誰もそれを止められない。

 

国も、人種も、宗教も、肌の色も、何もかも関係ない。僕たちは人間であり、僕たちは家族なんだ。学歴がどうとか、職歴がどうとか関係ない。全ての人間は平等なんだ。だからこそ、環境の問題で苦しんでいる人を助けたいんだ。

 

僕は自分の国、メキシコが大好きだ!もちろん、君の言うように、ドイツとかもっと経済力のある国でだって僕は生活できる。でも、エキシには課題がたくさんあって、困っている人がたくさんいる。それなら、困っている人が多いところで僕が頑張るのは当然のことだよ。

彼は、凄く自由主義者で、不正とか汚職とかが本当に許せないんだとか。

あと、リタイヤした後でも、仕事に取り組む理由の1つに、家族の存在、特に自分の子供の存在があるらしい。

「自分の子供が、もっと住みやすい世界を作りたいんだ。」

子供を持つ父親の強さを感じました。

ルディおじ様の4つの教え

色んな会話をして、そろそろ帰る時間になった時、ルディは僕にこんなことを言ってきました。

「ゴリぱち、君はどんな人生を送りたいんだ?ずっと時間に制約されて働くのか?それとも、自分の好きなことに全力で時間を使っていきたいのか?どっちだ?」

僕は迷わずこう答えます。

「もちろん、自分の好きなことに時間を費やし、世のため人のために仕事をしたい」と。

するとルディは、こう言いました。

「分かった。なら、今から僕が言う4つのことを覚えておいて。それをいつも頭の片隅に置いておいて。そうすれば君も、自分の思った通りの人生を歩めるようになるから。」

そんな彼からの4つの教えがこれです。

① 自分を大切にすること

② 自分に関わる全ての人を大切にすること

③ 地球に存在する全ての生命に感謝すること

④ チャンスが来たら、逃さないこと

順番に説明していきます。

教え① 自分を大切にすること

自分が幸せでなければ、誰のことも幸せにすることはできないよ。まず、自分の未熟さを知り、自分の好きなこと・できることで、どうやって人の役に立てるかを真剣に考えてみよう。それさえ考えられないのなら、それは自分を諦めているだけで、自分に対して非常に失礼なことだ。自分を大切にするなら、自分をどう社会に活かせるかをじっくり考えてみるんだよ。

「自分を諦めているだけで、自分に対して失礼なことだ。」

これは本当そう。

自分のことが無価値だと思ってしまえば、何をするにしても成果は出ない。

自分のことを信じてあげることが、自分を大切にする第一歩なのだ。

教え② 自分に関わる全ての人を大切にすること

家族・友達・同僚など、君に関わる人はたくさんいるだろう?その人たちのことを、心のそこから大切に思い、彼らの幸せを祈れるようになろう。もちろん、ムカつく人だっているかもしれないけど、そのムカつく人にだって、その人を大切に思う家族・友達・同僚がいるんだよ。そう思えば、みんなのことを大切にできるだろう?

「そのムカつく人にだって、その人を大切に思う家族・友達・同僚がいるんだよ。」

これには「はっ」としました。

そう、自分の周りにはたくさんの人がいて、その人のことを大事に思っている人がいる。

そう思ったら、どうして他人のことを嫌いになれるでしょうか。

雑に扱えるでしょうか。

苦手な人に対しても、こう考えられれば、気持ちが楽になるはずです。

教え③ 地球に存在する全ての生命に感謝すること

僕たちが生きているこの星には、数え切れないくらいの生命がいて、僕たちが普段全く知らないところで、僕たちは生かされているんだ。そのことを忘れて、私利私欲に走るなんて言語道断。僕たちは、地球に生かされているただの生命の1つ。そう思えば、”自分だけがよければいい”なんて考え方が、本当馬鹿らしく思えるさ。

そうなんですよね。

人間なんて、地球に生かされている1つの生命でしかないんですよね。

なのに、資源を奪いあったり、自然をぶっ壊したり、同じ人間を差別したり、動物を絶滅に追いやったり。

自分の私利私欲なんて、凄く小さいこと。

そう思えば、人のため、地球のために尽くす方がよっぽど楽しいことだと思います。

教え④ チャンスが来たら、逃さないこと

人生を変えるチャンスが来たら、絶対にそれに乗っかること。もっと大事なのは、チャンスがいつ来てもいいように準備をしておくこと。でっかいチャンスが来ても、準備ができてなかったら、迷いが生じて、そのチャンスはもう二度と現れなくなってしまう。常日頃から、自分がどう生きていきたいかを具体的にイメージして、それを達成するために日々努力しておくこと。それがとても大事だよ。

彼の教えの中で、「チャンスが来たら、逃さないこと」は頭にこびりついています。

チャンスを得るためには、最高の準備をしないといけない。

その最高の準備は、毎日の生活の中でコツコツと積み重ねるべきである。

そう思えることで、日々の生活にもハリが出るようになりますし、自分の人生に対する責任感も生まれてきます。

僕とビジネスしない?

心にビシビシ刺さる言葉を次々と投げかけてくるルディ。

最後にこんなことを言います。

「これも何かのご縁だからさ。メキシコに来て一緒にビジネスしようよ。麻薬の撲滅とか、貧困者への住居提供とか、いっぱいやることあるからさ。ライバルも全然いないし、チャンスしかないよ!世界一周終わったら、真剣に考えてみて!」

「これが、さっきの教えの”チャンスが来たら逃すな!”か!いきなり実践!!!」と思いながら、とりあえず「世界一周終わったらね!」と伝えておきました。

ただ、メキシコは本当にビジネスチャンスあると思います。

・2050年には日本の経済を抜いてくる

・2050年には人口が1億5,000万人突破

・課題が山盛り

・スタートアップがあんまりいない

いや、考えれば考えるほど、“メキシコでビジネス、ありだな”と思ってきてしまいました。笑

とにかく、彼はこの4つの考え方を常に実践してきたおかげで、50歳手前でリタイヤできたとのこと。

実際の成功者がいるなら、この教えを素直に守るしかありません!

この4つの教えを守って、より多くの人の役に立てる人間になろうと思います!

では、今回はこれまで!

最後まで読んでいただい本当にありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

メキシコシティシリーズ

・メキシコシティにあるチュロスの名店である「El Moro」が美味しすぎたのでご紹介!

・メキシコシティのコリアンタウンにある、とっても美味しい韓国料理屋さんをご紹介しています!

・メキシコシティで、みんな大好き「すき家」を食べたら牛丼が絶品だったのでご紹介!

・[メキシコで本場のタコスを!]メキシコでタコスを食べるならここしかない!メキシコ人オススメの絶品海鮮タコス!

・メキシコシティの観光ならここ!チャプルテペックで自然と歴史を楽しもう!

仕事を辞めたいと思っている人へ

・ニートだった僕から、自分には価値がないと思って苦しんでいる人へ伝えたいこと。

・会社を辞める前に読んでほしい!会社を辞める時に必要な3つの心構え。

・サラリーマンを辞める第一歩!「株式会社自分」という考え方。

・会社より自分を大事にしてほしい。会社を辞められなくて悩んでいる人に伝えたいこと。

・自分の人生を生きることの大切さ。猛烈ボスの5つの教え。

ためになった本

・戦争を二度と起こしてはいけない。戦争に行った若者の心の叫び「きけわだつみのこえ」を20代の私達が読むべき理由。

・[OKR]組織におけるミッション・ビジョン・バリューの違い/決め方まとめ。

・[ユダヤ人大富豪の教え]僕がこれまで達成できたこと、達成できなかったことをまとめてみた。

・[年輪経営]資金調達の金額に踊らされてはいけない。ベンチャーだからこそ利益を追求せよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. タイ,ピピ島,ボクシング
  2. airbnb,uber,ホームレス
  3. メキシコ,カンクン,ダウンタウン,ローカル
  4. 人生哲学,考え方
  5. オアハカ,グルメ

    オアハカ

    オアハカの絶品グルメ5選!

    こんにちは。Tinderで出会って半年で結婚した奥さん…

  6. Airbnb,オススメ,メリット,デメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

世界一周YouTube始めました!

note始めました!

東大,合格,方法

まずはこちらから!

記事まとめ,ブログ

カテゴリー

アーカイブ

人気の投稿とページ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

64人の購読者に加わりましょう

世界一周YouTube始めました!

PAGE TOP