Teach For Japanのフェロー候補生紹介!大和一輝さんの教育に対する想い。

公開日:      
 teach for japan, 教育, インタビュー  
   

こんにちは!

ごりぱちです。

現在、Teach For Japanの9期フェロー候補生として、2021年4月から常勤講師として教育現場に立つための研修の真っ最中です。

▶︎Teach For JapanのHPはコチラ

▶︎Teach For Japanのフェローシッププログラム

▶︎「講師」と「教諭」ってどう違うの?~「講師」という働き方~

▶︎NPO法人と教育委員会・学校連携による、代替教員免許状の活用事例について

Teach For Japanに参加する中で、「Teach For Japanの知名度がまだあんまりない。」「どんな人たちが参加しているのか分からない。」という声をもらったので、Teach For Japanへ参加しているメンバーをブログで紹介しています。

今回ご紹介するのは、大和一輝さんです!

教育分野に関心を持った理由、Teach For Japanで実現したいこと、将来のビジョンなど、様々なトピックを熱く語ってもらいました!

新卒でTeach For Japanを選んだ理由も話してくれたので、進路に悩む方は必見です!

Teach For Japanに興味がある方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!

では、レッツゴー!!!

⬇︎Teach For Japan創設者である松田さんの熱い思いについて知ることができます。

⬇︎日本の公教育が抱える課題について簡潔にまとめてあります。

-スポンサーリンク-

大和一輝さんはこんな人

【教員としてのビジョン】
「子どもたちが、自立的かつ主体的な大人へと成長できる支援をする」

【大切にしている想い】
人生何とかなる。やりたいことをやりたい時にやる!

希望職種:小学校教員

【これまでの経験】
・NPO法人Learning for Allで学習支援ボランティア

・海外教育実習プログラムGlobal Teacher Program参加

・国内ヒッチハイク/海外バックパッカー旅

・青年海外協力隊2020年度1次隊候補生(小学校教育/バヌアツ共和国)

→世界的情勢により延期。現在は小学校で補助教員として働く。

・NPO法人Teach For Japan9期フェロー候補生

-スポンサーリンク-

教育分野へ関心を持ったきっかけ

Q. どんなきっかけで教育へ関心を持つようになったのですか?

教育に関心を持ち出したのは、高校三年生のころです。

大学の進学先を考える際に、どの専攻を選べばいいのかを悩んでいました。

その中で教育に関心を持ったのは、高校二年生の時の世界史の先生の影響が大きいです。

その先生は授業がとても面白くて、公立学校の先生としては珍しく幅広い人脈を持っていました。そして、学校の先生と親以外の大人と出会える貴重な場を提供してくれました。

そんな先生と出会って、「僕も先生のように、大人との出会いの場を作れる人になりたい!」と思ったことが、教員への道を進み始めたきっかけでした。

大学在学中には様々な活動をしたのですが、その中でも印象深かったのがGlobal Teacher Programという、フィリピンの小学校で教育実習を行うプログラムです。

▶︎Global Teacher ProgramのHPはこちら

私が接したフィリピンの子どもたちは、こちらの指導の真剣さや充実度に応じて、ありのままの反応を示してくれました。

その経験を通じて、自分の教育力次第で子どもの変化を支え、大きく成長させることができることを実感し、教員という仕事の魅力をさらに深く知ることができました。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanを選んだ理由

Q. 教育関連の団体はたくさんありますが、その中からTeach For Japanを選んだ理由はなんですか?

大学を卒業して、まず青年海外協力隊を進路として選びました。フィリピンの学校で教育実習を行った経験がとても楽しく、「海外の学校のシステムって面白い!」と、海外の教育制度への関心が高まっていたからです。

日本のようにものモノにあふれているわけではないものの、限られた道具を使って、先生たちの工夫を凝らした現場をみていく中で、「僕も、そんなカオスに飛び込んでみたい!」と思うようになり、新卒で青年海外協力隊として途上国の学校現場に赴任することを志願しました。

▶︎JICA海外協力隊

就活も考えたことはありますが、「教育分野に携わるなら学校現場から関わりたい」という意志は堅く、企業に所属して外から関わるのは想像もできませんでした。

大学卒業後の2-3年は日本・海外の教育現場に教員として携わることは決めていたので、特に迷うこともありませんでした。

ただ、コロナで協力隊の派遣が延期となり、国内で教員として働ける道を探していた時、Teach For Japanが目に止まりました。

私は中高の社会科の教員免許は持っているものの、小学校の教員免許に関しては持っていません。

「小学校教員になるにはまた2年かけて免許を取らないといけないのか…」と半ば諦めていたのですが、Teach For Japanだと臨時任用免許を発行してくれることを知り、小学校教員として赴任することを希望していた私にとっては「これだ!!!」と思い、応募に至りました。

▶︎NPO法人と教育委員会・学校連携による、代替教員免許状の活用事例について

また、2年間という限られた期間での派遣もTFJの魅力の一つだと思います。

私自身、現段階で30-40年も教員をやるイメージは持てていません。

2年間限定だからこそ、先のことを考えることなく、目の前のことに全力で取り組めると思いますし、教育現場の課題を現場を通じて学ぶことで、その知見を生かしたキャリアチェンジもすることができます。

この自由な進路選択は、本当に魅力的だと感じています。

-スポンサーリンク-

教育現場が抱える課題

Q. 現場の教育現場が抱えている課題はどんなものがあると思いますか?

私はTeach For Japanの夏募集で合格し、その時点で小学校の補助教員として働き出して半年が経過していました。あくまでその経験を通じて見えてきた課題についてお話しします。

*2021年4月の赴任まで、小学校の補助教員として働く予定。

補助教員はクラス担任を持つわけではなく、普段は1-6年生まで幅広い子どもたちと関わっています。

その中で感じた、学年関係なく当てはまる共通の課題だったのは、「自立・主体的に動ける子どもが少ない」ことです。

担任の先生がお休みの日は私が代わりにクラスに入るのですが、子どもたちは私の指示待ち状態だったり、指示が出るまで自由なことをしていたりといった様子でした。

大人の指示がないと動けないのならば、彼らが大人になった時にどうなってしまうのだろうか…?と考えたことが、危機感を覚えたきっかけです。

「クラスや共同体のために何ができるのか?」という考えが子どもたちにとって薄いことが大きな課題だと思っていて、フェローとしてそこにアプローチをしていきたいですね。

また教員による教育環境の格差があることも感じており、「義務教育に通う全ての子どもが報われるシステム」には程遠くなっている点も気になっています。

これだけ色々言ったものの、私自身が全ての事柄にきちんと対応することができるのかは非常に気になるところであり、わかりません。フェローとしての活動は私にとって大きなチャレンジですし、本当に教員が全ての事柄に取り組める仕組みになっているのかも、しっかり見極めたいと思っています。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanに対する感想

Q. Teach For Japanでの研修が始まって1-2ヶ月程度たちましたが、今の率直な感想を教えてください。

研修について

小学校の補助教員として働いているからこそ思うことですが、研修が現場とリンクする内容が多く、非常に役立つカリキュラムになっているなと感じます。

これまで取り上げられた特別支援教育・いじめ・授業づくりなどは、特に満足しています。

ただ、もっと身近なケーススタディも欲しいと思っています。

現場の子どもたちは、理論や想像を超えたアクションを取ることが多いです。

その際に教員は、どんな対応ベストなのかを考え、より現実的なアプローチを行う必要があります。

だからこそ、各研修項目に当てはまるようなケーススタディを取り上げてもらえると、実感値が湧いてさらに充実した研修になると思いますし、その機会をこちらも創出できたらいいですね。

コミュニティについて

9期は総勢で60名程度のフェロー候補生がおり、多様な経験や思想を持った人で溢れています。

そんな人たちと研修を通じて議論をしたり、様々な角度から意見をもらえたりする機会があるのは、非常にありがたいです。

その反面、研修外でも関われる機会が増えればいいなと感じています。

教育の話だけではなく、もっとフランクな話も交えながら深い関係を築いて、お互いを支え合える関係になっていきたいですね。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanを勧めたい人

Q. どんな人にTeach For Japanを勧めたいですか?

Teach For Japanのフェローは、教員採用試験を受けて教員になった人と、同じようで違うと考えています。

仕事内容や役割はほぼ同じですが、Teach For Japanのフェローとして、教育への熱い想い・能動的な姿勢・子どもの人生に関わる覚悟を持つことが、より求められていると思います。

またそれがフェローとしての責任でもあるとも私は思っています。

なので、教育に対する熱意があり、主体性に溢れ、覚悟のある人が、Teach For Japanに適しているのではないでしょうか。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanの後のキャリアについて

Q. Teach For Japan終了後のキャリアのイメージはありますか?

現時点では、Teach For Japanで2年間の派遣が終わった後は、青年海外協力隊として、途上国の小学校に派遣されることを目指しています。

▶︎JICA海外協力隊

日本の先生として2年間働いた経験を活かし、海外での学びにも繋げ、それをまた日本の教育に還元していきたいですね。

青年海外協力隊としてのキャリアの後は、まだ分かりません。

いつ死ぬかも分からないので、後悔のないように、自分がやりたいと思ったことに全力で取り組んでいくだけです。

-スポンサーリンク-

教員の役割について

Q. オンラインで簡単に良質な学習コンテンツにアクセスできる今、教員として求められる役割はなんだと思いますか?

教員の役割を一つ挙げるなら、「子どもたちへの支援」です。

授業の支援はもちろんのこと、特に日常生活の部分の支援ですね。

時間や約束を守り、集団行動や規律を学び、自分本位だけではなく、社会のことも考えて動ける子どもへ成長できるように支援することが重要だと考えます。

自らの欲望のためだけにしか動けない人を増やしてしまったら、世の中がはちゃめちゃになってしまうじゃないですか。

社会性を含めた人格というのは、オンラインでの学びだけでは身につきません。

教員側は授業力はもちろんのこと、人格育成に関わるスキルを向上させて子ども一人一人の存在を認め、自己肯定感を育むことが必要です。

教員の一挙手一投足、細かい言葉遣いでさえも、子どもにとっては大きな影響を与えかねません。現実を踏まえ、学習面以外のスキルを伸ばしていくことも必要になってくるでしょう。

⬇︎大和さんが参考にしている書籍。

-スポンサーリンク-

教員として働ける価値

Q. 教員として働ける価値はどこにあると思いますか?

教員として働いた経験がキャリアアップに繋がるかどうかは分からないですが、自分が親になった時、教員として働いた経験は確実に生きると断言できます。

子どもへの見方・接し方は、教員として現場で働くことでものすごく身に付けることができます。

学校の仕組みも知っていることで、学校と協力しながら子育てをすることもできるようになります。

そんな親が増えたらもっと素敵な社会になると思いますし、自分自身そんな父親でありたいです。

なのでTeach For Japanを通じて教員の仕事ができるのは、将来的にものすごく価値があることだと信じています。

特に、大学時代に教育分野に関わっていなかった人にとっては、民間企業での仕事以外の学びもたくさんあるのではないでしょうか。

-スポンサーリンク-

まとめ

同期の中の爽やか度ランキング堂々の一位(ごりぱち調べ)を獲得している大和さん。

大学を卒業したばかりなのにも関わらず、日本・海外での教員経験を積むことを決意しており、日本の教育の未来のために、熱い思いを持っている大和さん。

「なんて立派な若者なのだろう。。。」と、僕は驚かされっぱなしでした!

日本だけでなく、世界をまたにかける大和さんが、今後の日本の教育界にどんなムーブメントを起こしてくれるのか、今からすでに楽しみです!

では、今回はここまで!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

では、また次回お会いしましょう!

*Teach For Japanのフェローに興味がある方は、連絡をいただければ可能な限り知りたいことを共有したいと思うので遠慮なくご連絡ください!

⬇︎Teach For Japan創設者である松田さんの熱い思いについて知ることができます。

⬇︎日本の公教育が抱える課題について簡潔にまとめてあります。

-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

海外旅行保険,世界一周入国スタンプをもらい忘れた! 福岡空港で後日対応してもらう方法まとめ。前のページ

JALカードの海外旅行保険で保険金請求する方法まとめ!次のページ海外旅行保険,世界一周,jal

Amazonのお得なセールはコチラ!

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

コロナにも対応!-オススメ海外旅行保険-

海外旅行保険,safety wing

旅の英語はこれでOK!無料で会員登録!

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
-夫婦で世界一周した旅の記録-
旅するふたりのYoutubeチャンネルはコチラ
-夫婦で世界一周した旅の記録-
Youtubeチャンネルはコチラ