Teach For Japanのフェロー候補生紹介!佐藤信平さんの教育に対する想い。

公開日:2020年9月8日
     
 teach for japan, 教育, インタビュー  
   

こんにちは!

ごりぱちです。

現在、Teach For Japanの9期フェロー候補生として、2021年4月から常勤講師として教育現場に立つための研修の真っ最中です。

▶︎Teach For JapanのHPはコチラ

▶︎Teach For Japanの役割についてはコチラ

▶︎「講師」と「教諭」ってどう違うの?~「講師」という働き方~

▶︎NPO法人と教育委員会・学校連携による、代替教員免許状の活用事例について

Teach For Japanに参加する中で、「Teach For Japanの知名度がまだあんまりない。」「どんな人たちが参加しているのか分からない。」という声をもらったので、Teach For Japanへ参加しているメンバーをブログで紹介しています。

今回ご紹介するのは、現在、國學院大学4年生の佐藤信平さんです!

教育分野に関心を持った理由、Teach For Japanで実現したいこと、将来のビジョンなど、様々なトピックを熱く語ってもらいました!

大学生活を通じた進路選択の話はとってもリアルで、共感できる方も多いと感じたので、進路に悩む方は必見です!

とてもノリがいい子なのですが、そのノリの良さとは裏腹に、めちゃくちゃ真面目で熱い気持ちを持っており、本当に学ぶことがたくさんありました。。。

Teach For Japanに興味がある方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!

では、レッツゴー!!!

⬇︎Teach For Japan創設者である松田さんの熱い思いについて知ることができます。

⬇︎日本の公教育が抱える課題について簡潔にまとめてあります。

-スポンサーリンク-

佐藤信平さんはこんな人

國學院大学人間開発学部健康体育学科4年

教員として大事にしていきたい考え方
「大人が人生を楽しんでる姿を生徒に見せることが、1番の教育である。」

希望職種:中学校教員、保健体育専門

【これまで経験】
・スポーツジムトレーナー(アルバイト)

・営業長期インターン

・教育実習(中・高保健体育科一種免許状 取得見込み)

・カンボジアでの教育ボランティア活動

NPO法人TeachForJapan学生インターン/9期フェロー候補生

-スポンサーリンク-

教育分野へ関心を持ったきっかけ

Q. どんなきっかけで教育へ関心を持つようになったのですか?

中学時代

中学生の時、サッカー部の顧問の先生との出会いがきっかけで、教育に関心を持ちました。

その先生の影響で、「僕は将来学校の先生になる!」と心に決めていました。

私がいた中学校のサッカー部は、伝統的な強豪校で、部活の監督は、私が住んでいた地区では有名な方でした。

普通、サッカーが上手い子はクラブチームに行くのですが、私の地区では、その監督のもとでサッカーをしたい子が多く、私もサッカーが大好きで、もっと上手くなりたいと思っていたので、その監督がいる中学校へ進学しました。

部活動ですが、最初は驚くことばかりでした。

部員は全員坊主、先輩と後輩の関係性の厳しさ、挨拶練習(グランドの隅にいる先輩に対して、大声で挨拶をする)など、本当に厳しくて、ついていくのでやっとの状態でした。

そんな厳しい環境でも耐えることができたのは、仲間の存在でした。

もし、サッカーが個人競技で、1人でやるスポーツだったとしてた、私は続けられなかったと思います。

ただ、やっぱり監督はとっても厳しくて。笑

期待されていた分、めちゃくちゃ怒られました。

当時の私は、サッカーが少し上手いだけでチームメイトに怒鳴ったり、審判に口答えしたりと、かなり生意気な存在でした。

ある日、僕が練習試合で相手チームに乱暴なプレーをし、審判に対して口答えすると、監督から「帰れ」とだけ言われて、一ヶ月程度も練習への参加を拒否されました。

しかし、その期間中に、雑用をやったり、審判をやったりする中で、「1人では何もできない」ことに気付き、周りに対する感謝の気持ちを学ぶことができ、今では本当に感謝しています。

監督はたしかに厳しかったのですが、怒る内容一つ一つに、しっかりと理由があり、かつ、監督の思想が全くぶれておらず、常に全力で私たちに向かってきてくれていたので、心の底から監督のことを信頼できていました。

半年間、怪我でサッカーができなかった期間も、一番支えてくれていたのは、監督でした。

そんな中学生活の最後、卒業間近で監督に呼び出され、こんなことを聞かれました。

監督「しんぺい、お前は将来何になりたいんだ?」

私「学校の先生になりたいです。」

将来の話、中学校生活での裏話など、様々なことを話していると、なぜかお互いに泣いていました。

監督が胸もうちに秘めていた思いを伝えてもらうことで、お互いに込み上げてきてしまったのです。

監督「お前なら、絶対に良い先生になれる。」

そんな心強い言葉をもらい、私は高校へ進学しました。

高校時代

高校では、男子校に進学し、「面白いやつが天下を取る」という新しい世界観と出会いました。

当時、勉強への意欲は全くなく、所属していたサッカー部と、とある同級生との出会いで始めたお笑いに対して、全力を注いでいました。

お笑いを始めた当初、仲間内だけでひっそりとやっていたのですが、段々と人を笑わせることの楽しさに目覚め、自分がお笑いが好きだと言うことにも気づいていきました。

そして高校二年生の頃、真剣にお笑い芸人を目指している友達と会い、「一緒にコンビを組もう!」とめちゃくちゃ誘われました。

その時の僕の気持ちとしては、「いや、芸人はいいよ。。。僕は学校の先生になるんだし。。。」とあまり相手にはしませんでした。

しかし、所属しているサッカー部の送別会で、「三年生が笑うまで一年生が一発芸を繰り返す」というイベントが会った時、僕がめちゃくちゃ仕込んで、大トリに登場し、それがバカ受けしてとっても気持ち良い気分になり、

「あれ?お笑い芸人もいいかもな?」と思うようになり、そこから友達とコンビを組み、真剣にお笑い芸人を目指すようになりました。

高校三年の受験期にも関わらず、私と相方は受験勉強に集中するわけでもなく、ひたすらネタ合わせや練習を繰り返していました。

「お笑い芸人になって、有名になって、乃木坂のメンバーと結婚するんだ!」と本気で意気込んでいました。

そして将来の夢も、教員からお笑い芸人にいつの間にかすり替わっていました。

それでも、「一応、大学は行っておくか。保険で教員免許でも取っておくか。」くらいの気持ちで、大学へ進学することなりました。

大学時代

「お笑い芸人になるぜ!」と意気込んで大学へ進学したものの、めちゃくちゃ堕落した学生生活を送ることになりました。

日常に何か目的を持つこともなく、「遊んで・飲んで・バイトして・寝る」という、典型的なダメな大学生になっていたのです。

そうこうしている内に、大学での一年間が過ぎ去っていきました。

そして大学二年生になり、浪人していた相方が大学へ進学し、一緒にビアガーデンでのバイトを始め、「これで一緒に芸人への道を突き進める!」と思ったのですが、

大学一年生の期間で、私の中にあるはずの熱意が、ほとんどなくなっていました。

何をするにしても、なにも気力が湧かないのです。

「将来は芸人か?学校の先生か?」と考えられうような状態になっていなかったのです。

そんなモヤモヤのまま、大学三年生になり、「このままじゃやばい!本当にやばい!」と、ようやく焦り出し、「何か行動しなきゃ!」と思って就活に力を注ぎました。

長期インターンで営業をしたり、就活イベントに参加しまくったり、できうる限りの行動をしました。

その時、僕の頭の中には、芸人の道も、教員の道も完全に消えており、企業に就職することしか考えられていませんでした。

ただ、就職するにしても、お笑いの世界に携わってはいたかったので、主にマスコミ系の会社をメインとした就活をしていました。

そんなタイミングで、教育実習も始まりました。

その時すでに、「教師じゃなくて、企業に就職するんだ」と思っていた僕の教育実習に対するモチベは全くもってありませんでした。

しかし、そんな私の気持ちとは裏腹に、教育実習は心から充実していました。

母校のサッカー部の練習メニューをまかせてもらえたり、自分のやりたいように授業や部活に参加することができ、生徒から学ぶこともたくさんあり、本当に楽しかったのです。

体育の先生にも、「しんぺいは先生になった方がいい!」と言われ、「やっぱり先生もありなのかな?」と気持ちが揺れ動いていました。

そんな時、僕の運命を決定づける出来事が起こります。

それが、カンボジアでのボランティア活動です。

カンボジアでのボランティア活動

カンボジアでは、現地の小学校でサッカーを教えたり、文化祭を作ったり、とても充実した時間を過ごすことができました。

そのボランティアに参加している人たちもとっても多様で、「カンボジアを自分たちの手で変えていくんだ!」という熱い思いを持つ人たちも大勢いました。

しかし、私はボランティアに参加しながら、こんなことを考えていました。

「これ、変える必要があるのか?」

確かに、カンボジアの方は貧しく、日本と比べて生活水準は低く、人生の選択肢は少ないです。

しかし、目の前に広がる子供たちや家族の笑顔や優しさ、心の暖かさを見ると、変える必要性を感じにくくなってしまったのです。

なぜなら、目の前の広がっていた光景は、日本では見たことがないほど、僕にとっては素晴らしいものに見えたからです。

私の場合、「カンボジアをいかに変化させるか?」ではなく、「このカンボジアの子供たちや家族、学校の雰囲気を、日本にどうやって還元できるのか?」を考えるようになりました。

私が強くそう思えたのは、彼らの持つ屈託のない笑顔、そして生きる指針を持つ強いハートです。

もちろん、日本と比較すると、選択肢は狭いし、恵まれているわけではありません。

しかし、実際には「僕は家族のために働いて、子供にいい教育を受けさせてあげたい。自分が教員になって社会に還元したい。」という熱い思いを持つ人が、とても多くいると感じました。

日本ではどうかと言うと、僕自身や僕の周りの人を振り返ると、自分なりの想い、人生の指針を持っている人はあまり多くないと感じ、「教育を通じて何が僕にできるのか?」と考え込むようになりました。

教員になる決意

そんな中、カンボジア滞在中に、私が保健体育の教員として自信を持って教員を目指す決意をできた体験がありました。

ある日、私が滞在していた村のおばあちゃんと話しているときに、おばあちゃんに対してこんな質問が飛びました。

「子供たちに何かを与えられるとしたら、何を与えたいですか?」

その質問に対するおばあちゃんの回答が「健康と教育」だったのです。

その答えを聞いた瞬間、僕の中で一本の線がつながりました。

「おれ、保健体育の免許持ってる!」

もともと、私は保健体育を教えたいと思っていたわけではなく、単純に部活の顧問をしたい気持ちが勝っていました。

しかし、カンボジアで全く行われていない健康教育の実態や、様々な人との出会いを通じて、僕は初めて、保健体育の教員としての魅力を発見することができたのです。

帰国後、私は「教員になる!」という強い決意のもと、行動をしていった結果、現在はTeach For Japanのフェロー候補生として現在に至ります。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanを選んだ理由

Q. 教育関連の団体はたくさんありますが、その中からTeach For Japanを選んだ理由はなんですか?

帰国したのが大学3年生の9月で、教員になることを決意しました。

そして今まで行っていたインターンも全部辞め、就活も完全にストップし、「どんな教員になりたいのか」をじっくり考える時間をとりました。

そこで、MatcherというOB訪問的なサービスを使い、様々な人と会う中で、Teach For Japanの元フェローの方と出会い、Teach For Japanの存在を知りました。

私の場合、やはり学校現場で働きたい思いが強いので、間接的に関わる教育事業には、あんまり興味がありませんでした。

また、教員になる上で、視野の狭い教員にはなりたくないとも思っていました。

教員になることが目的ではなく、教員というのはあくまで役割の一つであり、人間的な成長は欠かせないと考えているからです。

Teach For Japanのフェロー候補生となることで、教員になるまでの約9ヶ月間にわたり、みっちり研修を受けることができ、かつフェロー候補生同士の横の繋がりができるのが、非常に魅力的でした。

特に、私に取って最も価値があると考えているのが、「同じ志を持った同士との出会い」です。

過去を振り返っても、私が今まで熱中してこれた背景には、仲間の存在なしには語れません。

なにかを達成できたとき、そこには必ず仲間がいました。

Teach For Japanには、教育に対して熱い思いを持った人と繋がることができ、コミュニティにがっつり入っていける。

それが、本当に魅力的だと感じました。

あとはもう、直感としか言いようがないです。笑

-スポンサーリンク-

Teach For Japanの2年間でやりたいこと

Q. Teach For Japanのフェローとなった際、教育現場で行っていきたいことはありますか?

私は「大人が人生を楽しんでる姿を生徒に見せることが、1番の教育である。」と思っています。

だからこそ、まずは私自身が、楽しく、ワクワクしながら毎日を過ごすことで、自分の生き様を示せるようになりたいと思っています。

そして、「大人っていいなあ。かっこいいなあ。」と思ってもらえるようになりたいです。

また、教員自らが個性を発揮することで、子供たち自身の個性も発見して行って欲しいと思っています。

自分の個性を認識し、それを受け入れてあげることで、笑顔や自信に繋がると確信しています。

理想を言うならば、自分の言葉が生徒に対してしっかり響くような大人になりたいと思っています。

同じ言葉を使っていても、使う人によってその意味は大きく変わってしまいます。

だからこそ、生徒から深く信頼されるような大人に、まずはなっていきたいですね。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanに対する感想

Q. Teach For Japanでの研修が始まって3ヶ月程度たちましたが、今の率直な感想を教えてください。

一番の収穫は、自分と同じ志の仲間を見つけることができた点です。

自分の周りにも教員になりたい人はいますが、全員が全員熱意を持っているわけでありません。

「公務員で安定してるから、教員にでもなるわ。」と言う人も一定数以上いるのも事実です。

ただ、大きなギャップも感じています。

Teach For Japanに入る前は、「研修制度もしっかりしているみたいだから、しっかり研修を受けていれば大丈夫だろう。」と思っていたのですが、これはめちゃくちゃ甘い考えでした。

Teach For Japanには、魅力的な人も多く、知見は数多く蓄積されているのですが、自分から積極的に動かないと、欲しいつながりも、知識も、能力も得ることができません。

受け身の姿勢だけでは、Teach For Japanのメリットを最大限活かすことができないのです。

現状、私はまだ積極的に動けているとは言えず、まだまだ繋がりの数が少ないので。これからガッツリ活動していこうと思っています。

それと、最近嬉しかったのは、Teach For Japanの創設者である松田さんに直接出会えてお話しできたことです。

「これが僕のロールモデルだ!!!」と感じられるほど、とっても魅力的な方でした。

普通の学生だったら出会えないような人と出会える機会がある。

それもTeach For Japanの大きな魅力の一つだと思います。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanを勧めたい人

Q. どんな人にTeach For Japanを勧めたいですか?

受け身ではなく、自分から積極的に動ける人にとって、これほど恵まれた場所はないと思います。

ただ、そんなに気負う必要もないと思っています。

明確なビジョンがなく、フワッとしていたとしても、コミュニティ内で積極的に行動していけば、きっとビジョンは見つかると思いますし、それをかなえる方法も明確になると思います。

それだけのポテンシャルが、このコミュニティにはあるのだと強く感じています。

「教育を通じて、何かをしたい!良くしていきたい!」と少しでも思っているのであれば、私はTeach For Japanを強くオススメします。

安定した生活をしたいだけなら、くる必要はない

-スポンサーリンク-

新卒で教員になろうと思った理由

Q. 新卒で教員or会社員で悩んでいる人へ伝えたいことはありますか?

確かに、「社会人経験もないのに、このまま教員になっていいのかな?」と思ったことは何回もあります。

「大学時代、本気で教育のことを学んできたのか?」と問われても、「はい!」と答えられる自信もありませんでした。

社会人経験もなく、自信もなかった僕ですが、「教員として働くことに人生をかけたい」という思いは人一倍持っていました。

そんな中、色々な方にお話を聞くと、こんな意見を数多くもらいました。

「社会人経験を積むのもいいけど、教員という仕事は現場で子供と接していく中で成長していくもの。将来的に教員になると決めているのなら、すぐに教員として働くのもアリなんじゃないのか?社会人経験を積む目的も曖昧のままじゃ、何も得られないよ。」

確かに私は、「なんとなく、社会人経験を積んだ方が良いと思う」程度しか考えておらず、特に企業で学ぶことも考えられていませんでした。

だからこそ、明確な目的意識を持てている教員として、新卒で働くことを決めたのです。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanの後のキャリアについて

Q. Teach For Japan終了後のキャリアのイメージはありますか?

今の段階では、学校現場で働き続けたいと思っています。

性格的に、教育現場に間接的に関わるよりも、やはり教員として現場で接していたい気持ちの方が強いです。

長い目で見たら、校長になったり、学校づくりだったり、やってみたいことはありますが、今は目の前のことに集中して取り組みたいと思っています。

-スポンサーリンク-

教員の役割について

Q. オンラインで簡単に良質な学習コンテンツにアクセスできる今、教員として求められる役割はなんだと思いますか?

私は、「学ぶ目的を動機付けしてあげること」が重要な役割だと思っています。

「なぜ、これを学ぶのか?」の「なぜ?」の部分がなければ、ただやらされるだけで、モチベーションが持続することはありませんし、興味を持つことも難しいでしょう。

例えば、サッカー部の顧問として働く際に、「全国大会に行こう!」ではなく、「なぜ数あるスポーツの中からサッカーを選ぶのか?サッカーを通じて何を得たいのか?」といった、生徒が主体となって考えられるような教育が、今後の教員にとって必要な役割なのではないでしょうか?

-スポンサーリンク-

まとめ

普段、ノリがめっちゃいい方から、こんな真面目で熱い話を聞けるとは思ってもおらず、私自身学ぶことが多くありました。

新卒であっても、強い気持ちがあり、学校教育に貢献したいと思う、佐藤信平さんの今後の活躍に目が離せません!

Teach For Japanに興味がある方にとって、この記事が少しでも役に立てると嬉しいです

では、今回はここまで!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

では、また次回お会いしましょう!

*Teach For Japanのフェローに興味がある方は、連絡をいただければ可能な限り知りたいことを共有したいと思うので遠慮なくご連絡ください!

⬇︎Teach For Japan創設者である松田さんの熱い思いについて知ることができます。

⬇︎日本の公教育が抱える課題について簡潔にまとめてあります。

-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

teach for japan, 教育, インタビューTeach For Japanのフェロー候補生紹介!大林凌也さんの教育に対する想い。前のページ

Teach For Japanのフェロー候補生紹介!高橋教彰さんの教育に対する想い。次のページteach for japan, 教育, インタビュー

Amazonのお得なセールはコチラ!

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

コロナにも対応!-オススメ海外旅行保険-

海外旅行保険,safety wing

旅の英語はこれでOK!無料で会員登録!

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
-いざ、教育の世界へ!-
Teach For JapanのHPはコチラ
-いざ、教育の世界へ!-
Teach For JapanのHPはコチラ