Teach For Japanのフェロー候補生紹介!J.Aさんの教育に対する想い。

公開日:      
 teach for japan, 教育, インタビュー  
   

こんにちは!

ごりぱちです。

現在、Teach For Japanの9期フェロー候補生として、2021年4月から常勤講師として教育現場に立つための研修の真っ最中です。

▶︎Teach For JapanのHPはコチラ

▶︎Teach For Japanのフェローシッププログラム

▶︎「講師」と「教諭」ってどう違うの?~「講師」という働き方~

▶︎NPO法人と教育委員会・学校連携による、代替教員免許状の活用事例について

Teach For Japanに参加する中で、「Teach For Japanの知名度がまだあんまりない。」「どんな人たちが参加しているのか分からない。」という声をもらったので、Teach For Japanへ参加しているメンバーをブログで紹介しています。

今回ご紹介するのは、さんです!

教育分野に関心を持った理由、Teach For Japanで実現したいこと、将来のビジョンなど、様々なトピックを熱く語ってもらいました!

新卒でTeach For Japanを選んだ理由も話してくれたので、進路に悩む方は必見です!

Teach For Japanに興味がある方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!

では、レッツゴー!!!

⬇︎Teach For Japan創設者である松田さんの熱い思いについて知ることができます。

⬇︎日本の公教育が抱える課題について簡潔にまとめてあります。

-スポンサーリンク-

J.Aさんの教育への想い

teach for japan, 教育, インタビュー

ビジョン
「全ての人が好きな場所で生き、ライフキャリアをデザインできる社会の実現」

ミッション
「自分の価値に気づき、周りのあらゆる価値を認めあえる教室(自分を知り、他者や社会を知ること)」
「挑戦しよう、失敗しよう、正解しよう」

取り組みたい課題
「地域社会にアプローチできる教育、ライフキャリアを見据えた教育」

希望職種:小学校教員

【これまでの経験】
・大学で教育学専攻。学士論文で都市と農山村地域の子どもの発達環境の違いを研究。学術賞受賞。
・大学4年、2017年世界トライアスロン選手権に年代別日本代表として出場。
・関西の鉄道会社に勤務。バス事業に出向し、広告、企画、沿線地域施策に従事。

教育分野へ関心を持ったきっかけ

Q. どんなきっかけで教育へ関心を持つようになったのですか?

私が教育に関心を持ったのは小学校6年生の時でした。

卒業間近にとあるクラスメイトがいじめが原因で不登校になったんです。

その時、先生や保護者を含め、色んな大人がお互いの責任をなすり合っている姿を見て、私は心底がっかりしました。

保護者「私の子供はいじめてない!あの子がいじめたんだ!」

保護者「いじめられてた子供が悪いんだ!私の子供は悪くない!」

担任の先生も、いじめに加担していたことを指摘されたのですが、「私は悪くない。あの子が宿題を忘れるのが悪いんだ。」と完全に否定したんです。実際にいじめに加担していたのにも関わらず。。。

そんな状況に失望し、怒り心頭だった僕はこんなことを思いました。

「僕が政治家になって学校を変えてやるんだ!!!」

小学生の時は社会科の勉強が好きで、もともと政治や社会について関心が高かったので「政治家になったら学校を良くできる!変えられる!」と当時は本気で思っていました。

短絡的ですが、割と真剣に政治家を目指していましたね。笑


私立の中高一貫校へ進学することが決まっていたので、僕は大学で教育学部へ進学することをすでに決意していました。

教員になるためではなく、行政で教育分野に関わりたいと思っていたんですね。

そんな志を持って入った中学校ですが、中学2年生の時に自分がいじめに合ってしまいます。

無駄に正義感が強くて融通が利かない上に、周りと比べて成績が良くなかった私は真っ先にいじめの対象にされてしまい、クラスに友達が1人もおらず、本当に辛い毎日を送っていました。

小学校の時の経験もあり、「どうせ、大人たちは何もせず、助けてくれないだろうな。」と思っていたのですが、当時の担任の先生が、私のことを全力で守ってくれたんです。

クラスの前で、みんなのことを叱ってくれたんです。

「全力で守ってくれる大人っているんだ。。。こんな先生っているんだ。。。」と感動し、その先生に憧れを抱きます。

そんな経験を通じて、僕はこんな考えを持つようになりました。

「教育で何かを変えるのなら、教員になって目の前の子供を変えることが大事なのでは?」

そこから、「強く・正しい先生になりたい!精神的に強くなりたい!」と思うようになりました。それ以来、所属していた水泳部の練習に打ち込むようになり、めちゃくちゃ努力して、部活内でトップレベルの選手になることができました。

高校生になっても、「教員になりたい!」という思いは変わることなく、勉強に邁進していったのですが、僕は1年間浪人することになりました。


浪人期間中、僕は見えないプレッシャーにより、いつの間にか体を壊してしまいました。

人生で初めて、電車に乗れないほどのメンタル状態になり、カウンセリングに通うことに。

医師や様々な大人と対話する中で、とある医師の方にこんなことを言われました。

「君はずっと進学校にいて、”偏差値重視・学歴が全て”という考えに囚われすぎている。認知が歪んでいるよ。」

そこで初めて、物事の捉え方が一様でしかないことに気がつくことができました。

私のいた学校は、先生・保護者・生徒の大半が「偏差値主義」だったので、エリート以外を寄せ付けない雰囲気を持っていました。

先生「ブランドを考えたらA大学よりもB大学に行った方が良い!」

保護者「うちの子供はエリートになるの!そのために勉強して、良い学校に行くの!」

そんな人ばかりだったのです。

私の親は、「勉強しろ!」と私に言ったことは一切なかったので、中学高校の学歴主義の雰囲気に疑問は持っていました。しかし、いつの間にかその思考に自分自身が染まっていたのです。

浪人時代までは「学歴は全てではない」と思いつつも、心のどこかで、「周りはみんな偏差値の高い大学に行っているし、やはり良い学歴がなければ将来苦労するんじゃないか・・・」という負い目をプレッシャーに感じていました。

そんな価値観がぶっ壊れ、人生観の変化があり、「良い大学に行くだけが。良い会社入るだけが人生じゃないんだ!」という事実に気がつくことができたのが浪人期間中だったのです。

「塞翁が馬」という言葉が座右の銘になったのもこの時からですね。

進学した大学では学業と同時にトライアスロン部の活動に打ち込み、全国大会に出場したり、世界大会の年代別日本代表にもなりました。

どん底も経験し、その上で強烈な成功体験もあったことから、挑戦や失敗を恐れない心や、「物事に正解はないよね」というフランクな考え方を持つことができるようになりました。

そんな経験を通じて、「色んな大人がいるんだよ!色んな生き方があるんだよ!色んな価値観があるんだよ!」ということを、自分の背中を通じて伝えられるような教員になりたいと考えるようになり、大学で小学校の教員免許を取得しました。

新卒で民間に就職した理由

Q. 新卒で教員にならず、民間に就職した理由はなんですか?

大学3年生の時、小学校の学習ボランティアに行ったのですが、その時目の当たりにした教員の労働環境に、正直ビビりました。。。

子供は確かに可愛く、教員の仕事の素晴らしさは疑いようがありません。

しかし、ここで初めて教員になるという長年の目標を立ち止まって考えることになりました。

「すぐに教員になってしまって良いのだろうか?」

「私が本当にしたいことは何なのか?」

過去にお世話になった先生からも「教員はいつでもなれる。教師村しか知らないと損だよ」とアドバイスを受け本格的に教員以外のキャリアに目を向けるように。

色んな場所へ旅をしたり、多くの人と対話を重ねた結果、「仕事を通じて、自分が大好きな地域に貢献したい」という想いを持っていることに気づくことができました。

祖母が、ずっと新潟で農家をしており、毎年とっても美味しい食べ物を送ってもらっていました。地域や家族の繋がりも強く、地域に深く根付いた祖母の生き方に、一種の憧れの念をも抱いていました。

こんな背景から、「地域に関わる仕事がしたいなあ」という漠然とした思いがむくむくと育ち、卒業研究では「都会と田舎の環境の違いが子供の発達に与える影響」といった内容で、地域への携わりを深くしていきました。

その研究活動の課程で、教育を軸に地方創生に成功している島根県の事例を知り、「人を育てることで、教育基盤を整備することで街は変わるんだ!」ということに感動し、「僕の仕事軸は、地方創生かもしれない!」と気づくことで、ファーストキャリアで鉄道会社を選ぶことにしました。

▶︎国内初、市町村の人口・経済への高校魅力化の影響が明らかに(島根県の事例)

鉄道というのは、幅広いエリアに駅を持っているため、影響力も大きく、まちづくりにおける重要なインフラとなっているため、鉄道会社が街づくりを担うことが多いのです。

市役所も地方創生を行いますが、あくまでも担当するのは一つの地域のみです。

その点、鉄道会社では、広大なエリアで、地域の特色に合わせた地方創生事業を行うことができるので、さまざまな経験を積むためにも、鉄道会社を選びましたね。

-スポンサーリンク-

Teach For Japanを選んだ理由

teach for japan, 教育, インタビュー

Q. 教育関連の団体はたくさんありますが、その中からTeach For Japanを選んだ理由はなんですか?

教員採用試験は、いつか受けようと思っていました。仕事をする中でも、地域を活性化するためには「ひと」づくりが最大の鍵になるということを感じていたからです。

「地方創生」と一口に言っても、結局はその地域の大人たちが変わる意志を持っていなければ一民間企業がいくら頑張っても地域を変えることはできないのです。

だからこそ、子供のうちから地域課題を知り、自分自身や社会を変えたいと思う意志を育てることが大切だと感じていました。

ただ、今の仕事が新規路線の企画や沿線地域の施策に関わる仕事で、本当に楽しくて、2020年の冒頭に「今年は転職しない!」と決めていました。笑

しかし、コロナウイルスの蔓延で全てが変わり、会社の組織や業務内容にも変化が出てきました。

所属していた企画部門も解散することになり、自分がしたいと思っていた仕事に一切関われなくなってしまったんです。

そのタイミングで、「教員になるために動くなら今かもしれない!」と思ったのが2020年の4月のことです。

しかし、教員採用試験が6月あたりなので、準備期間はわずか2ヶ月。。。

今から準備しても間に合わないことは明白。。。

「来年うけるのもなあ。。。今年で26歳だし、キャリアを考えると時間を無駄にしたくはない。」

そう思って悶々としている時に、Teach For Japanを見つけたんです。

Teach For Japanの掲げるミッションに共感し、さまざまな価値観を持つ同期と切磋琢磨し、教育界で強い繋がりを築ける点が非常に魅力的だったので、「教員採用試験受けるより、Teach For Japanの方が充実してそう!」と確信。

そんなこんなで、Teach For Japanを受け、現在に至っています。

Teach For Japanに対する感想

Q. Teach For Japanでの研修が始まって3ヶ月程度たちましたが、今の率直な感想を教えてください。

研修ですが、内容が充実しており、一方的な価値観を植え付けるのではなく、常に対話ベースで柔軟に対応してくれるので、勉強意欲もわき、とっても居心地よく勉強させてもらっています。

「正解は一つではない。あなたの教員としてのビジョンに当てはめながら、一つ一つ消化していけばいい。」

こういった考え方が徹底されているので、間違いを恐れることなく、学びの意欲も促されていると感じますね。

また、私は教員養成課程にいたものの、卒業して数年経過し忘れているものがあるので、学び直しの機会としても、めちゃくちゃ参考になっています!


コミュニティは本当に素晴らしいです。

同期はみんな熱い思いを持っていますし、人生経験が豊富で多様。

一人一人、これまで会ったことがないような考え方を持っているので、毎回の研修でのディスカッションも非常に刺激的ですね。

海外経験者も多いので、他者を受け入れる力が非常に高く、安心感や居心地の良さがすごいです。笑

Teach For Japanが終わった後でも、このコミュニティは間違いなく生きてくると思っています。長く付き合っていきたいですね。

Teach For Japanを勧めたい人

Q. どんな人にTeach For Japanを勧めたいですか?

物事を柔軟に捉えることができる人が向いていると思いますね。

「こうじゃないといけないんだ!」と、頭でっかちになるのではなく、対話を通じて、「確かに、この方が良いのかもな?」と、思考を深め、拡張できるタイプの人の方が、多様な価値観を持つコミュニティを活用できると思いますよ!

-スポンサーリンク-

教員として実現したいこと

teach for japan, 教育, インタビュー

Q. Teach For Japanのフェローとなった際、教育現場で行っていきたいことはありますか?

今の子どたちって、勉強の先にある未来が見えづらく、出口がなくなっている気がしています。

人口が減っていく日本社会においては、未来を担う子供たちの教育環境を整えることが急務なのですが、それが実現できていないかなと。

これまでの教育は出口が明確で、「良い教育を受ける▶︎良い仕事に就く▶︎一つの会社で勤め上げリタイヤする」というルートが人生の成功として認識されていましたが、子供たちが生きる未来の社会では、この価値観は完全に崩壊しているでしょう。

社会人になった後に、大学で学び直したり。

2-3年おきに転職をしたり。

複数の仕事を同時に掛け持ちしたり。

キャリアデザインも、柔軟に考えていく時代になってきています。

そんな時代にもかかわらず、相変わらず一昔前の価値観を重視する大人としか接することができない環境を提供するのは、あまりにもナンセンスです。

今、教育現場で求められているのは、人生の選択肢を柔軟に捉えられる、価値観の多様性を受け入れられる精神的基盤を育成することではないでしょうか?

先ほど申し上げたように、私は中学2年生の時にいじめにあいました。

後から知ったことなのですが、私のことをいじめていた子は、家族内で問題があったらしいのです。

私の学校は、開成といったトップ校に落ちた子供たちが来る学校だったのですが、私をいじめていた子は、「トップ校に行けなかったお前の人生は終わってる。」と、日々両親から言われていたようで、メンタルが不安定になっていたようです。

学校の先生方も、「偏差値が全て。良い大学に行けないと人生終わり。」的な思想を持っている人ばかりで、そんな環境にもストレスが溜まったのでしょう。

もしこの中に、1人でも違う価値観を持つ大人がいれば、彼もきっとストレスを溜めることはなかったのだと思います。

こんな実体験があるからこそ、小学校の段階から、さまざまな価値観を持つ大人と触れ、「こんな人生があるんだ!」「こんな大人がいるんだ!」と、刺激を受けることが、非常に重要だと認識しています。

だからこそ、だからこそ、「ワークキャリアだけでなく、ライフキャリアをデザインする」という観点で、「こんな大人いるんだ!」という気付きをたくさん与えたいと思います。

また、私自身が、「教育+地方創生」を軸として仕事をしている姿や、「社会人アスリート」であり続ける姿を見せることで、子供たちにとっての一つのロールモデルとして活躍していきたいですね!

教員の役割について

Q. オンラインで簡単に良質な学習コンテンツにアクセスできる今、教員として求められる役割はなんだと思いますか?

知識を伝達する上質なコンテンツは、Youtubeやオンライン上に溢れていますが、対面だからこそ、生の体験だからこそ伝えられる価値があるとも考えています。

一言でいうなら、「本物に接する機会を提供すること」が、教員に求められる役割でしょうね。

「学びの基層となる体験」という、人間の「ああしたい」「こうしたい」という欲求は、リアルな体験によって触発されることが科学的にも証明されています。

多様な価値観を持った大人がいることを知る。

最高の技術を持った職人と出会う。

雄大な自然と触れ合う。

精巧で上質な物と触れる。

こういった、本物を、生の体験を、できる限り提供してあげたいですね。

それが、子供たちの人生観を広げ、好奇心を刺激することに繋がると確信しています。

-スポンサーリンク-

キャリアについて

teach for japan, 教育, インタビュー

Q. 今後のキャリアについて何か考えていることはありますか?

現段階では、社会教育主事という仕事をしてみたいと思っています。

社会教育主事とは、各自治体において、図書館や公民館の整備・生涯学習の提供・地域の教育基盤の整備といった仕事になります。

教員を5年以上経験すると、社会教育主事としての任用資格を取得する権利を得ることができるので、Teach For Japanの期間が終わった後も、教員を続ける可能性は大いにあると思いますよ!

▶︎社会教育主事になるには

いずれはどんな地域でも多様な大人と子どもがかかわり合える学校教育・社会教育の仕組み作りに携わりたいと考えています。

私の中では、”地方創生+教育”という分野で仕事をすることが人生の軸になると確信しているので、今後はがっつり教育分野で力をつけていきたいです!

-スポンサーリンク-

まとめ

では、今回はここまで!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

では、また次回お会いしましょう!

*Teach For Japanのフェローに興味がある方は、連絡をいただければ可能な限り知りたいことを共有したいと思うので遠慮なくご連絡ください!

⬇︎Teach For Japan創設者である松田さんの熱い思いについて知ることができます。

⬇︎日本の公教育が抱える課題について簡潔にまとめてあります。

-スポンサーリンク-
-スポンサーリンク-

転職,大手,スタートアップ大手からスタートアップへの転職をオススメしない3の理由。前のページ

Amazonのお得なセールはコチラ!

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

コロナにも対応!-オススメ海外旅行保険-

海外旅行保険,safety wing

旅の英語はこれでOK!無料で会員登録!

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
-夫婦で世界一周した旅の記録-
旅するふたりのYoutubeチャンネルはコチラ
-夫婦で世界一周した旅の記録-
Youtubeチャンネルはコチラ