世界平和のために必要な方法や考え方とは?フィリピン人との対話で気づいたこと。

公開日:2018年6月6日
     
 フィリピン,世界平和,考え方,アイキャッチ  
   


こんにちは!

ごりぱちです。

今回は、「世界平和」というでかいトピックについて書いていきます。

これまで、途上国も含めて15カ国程度旅してきましたが、

どの地域に行っても、大なり小なり戦いの歴史があり、

今現在、戦闘がある地域も存在しています。

「平和な世界を作ろう!」と、どの国も口にしているし、

もちろん、争いで人が死ぬことは、とても悲しいことだと、

誰もが頭で分かっています。

それでも、人類が誕生してから、争いは起き続けている現実があります。

僕は、なんで、その状況が続くのか、心底不思議でした。

そして、いつも疑問に思っていました。

ただ、とあるフィリピン人との話の中で、

僕なりの回答が出ました。

今回は、その考えについて、話をしていきます。

では、レッツゴー!

▶︎【フィリピン滞在経験談】フィリピン留学中に学んだ人生を変える5つの考え方。

▶︎フィリピン留学を3ヶ月経験した僕が、英語初心者にフィリピン留学をオススメする5つの理由。

英語の先生と世界平和について話す

ある日、僕はいつものように

オンライン英会話で予約する講師を探していました。

ワイワイと話をしようと思ったのですが、

その日、僕はたまにくる哲学モードに入っており、

話の内容は「なぜ人は生きるのか、世界に平和はなぜ訪れないのか」といった

初見の先生との会話に全く適していない、

合コンなら確実に白い目でみられるような会話になってしまいました。

話の中には宗教の話もめっちゃ含まれます。

僕は経験上、キリスト教、イスラム教、仏教の世界のメジャーな宗教が根付いた地域(キリスト教=フィリピン、イスラム教=インドネシア、仏教=タイ)

にそれぞれ数ヶ月づつ滞在した経験があるので、

それぞれがどういうものか、肌感でなんとなくわかっているので、

宗教の話がどれだけ重要かも理解しています。

↓宗教がなぜ大事か気づいた話も書いているので、ぜひ読んでみてください!
・宗教で人生哲学を養う。インドネシアの孤児に気付かされた宗教の大切さ。

日本人で、宗教に関して理解があって話せる人があんまりいないようでして、

そのフィリピン人講師は心を開いて彼女の話を聞かせてくれました。

彼女はイスラム教を信仰していて、宗教が原因で戦争が起きていることに辟易しているようでした。

ただ、一般的なイスラム教のイメージがテロリストとして定着していることを理解しているが、

その影響で、彼女は大学時代に、唖然とする経験をしています。

争いの根源である偏見と憎しみ。

彼女の話を書いていこう。

彼女「私が大学2年生、17歳くらいの時(フィリピンの大学は16歳から始まる。)

近代史の授業を受けていた。内容は、湾岸戦争やイラク戦争。クラス規模は50人くらい。その教室で、私は唯一のイスラム教徒だった。

そしたら、アメリカ人の講師が、いきなりこんな事を言ってきたの。」

アメリカ人講師「あんた、イスラムよね、テロばっかり起こして、もうこれ以上、人を殺さないでよね。

私だっていつ殺されるかわからないし、怖いわ。

彼女「こんな言葉をクラスのみんなの目の前でいうの。私、動揺しちゃって、本当に涙を流さないように耐えるしかなかった。

それ以来、あんまり人に対して宗教のこというのも嫌になったし、

そんなことをいうアメリカ人も嫌になっちゃった。思い出すだけで吐き気がする。」

僕は、すごく嫌な気持ちになった。

こうやって、極端な偏見を持つ人が、勝手に妄想を膨らませて、人を傷つける。

相手のことを知らないから、他の文化や考え方を知ろうともしないから。

自分の周りだけを知って、それが正義だと思っているから。

僕は、偏見で、相手を傷つけることを、心底許せない。

相手が大事にしていることを踏みにじる行為を、心底許せない。

世界を平和にする方法

自分の知らない世界を知ること。

たっくさん経験を積んで、

多様な価値観、生き方があることを知り、

自分なりの考えを生み出すこと。

そうすれば、自然と相手の考え方も受け入れられるようになる。

相手を傷つけてしまうのは、

知らないことが多くて理解がしずらかったり、

自分の生き方、考え方が絶対大事だと思って相手に強制したり、

自分の軸が定まっていないと起こってしまう。

偏見にまみれてしまう。

世界には、数えきれない文化が存在していて、

60億通りの生き方が構成されている。

自分と全く同じ考えの人なんか、いるはずもない。

世界平和のための考え方

この記事を読んでくれてる人と、

僕は会った事がないけど、

大事にしたいと思っている。

なぜなら、

「あなたは誰かにとっての大事な人だから。」

どんな状況でも、「目の前の人は誰かにとっての大事な人。」だと思えれば、

どうしてひどい事ができるだろう。

もし自分の恋人が泣いて帰ってきたら、どう思うだろう。

理不尽なことをされたとしたら、僕はそれを許せない。

あなたが出会う人は、生まれてきてる訳だから、家族がいる。

友達もいるだろう。大事にしたいと思う人もいるだろう。

友達も恋人もいなくても、

本だって、ネット上でもいい。

自分にとって影響を与えてくれた人は大事な人になるだろう。

僕が思うに、

「自分の世界観を広げて、偏見を無くし、目の前の人は誰かにとっての大事な人」だと捉えられれば、

世界の平和に繋がるんじゃないかなあって、思いました。

皆さんはどう思いますか?

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

フィリピンの関連記事一覧

タイ,バンコク,ホームレス,社会格差,貧困,アイキャッチバンコクのホームレスから感じる格差社会。演奏する女学生と頭を下げるホームレスの違い。前のページ

キャッシュフロー経営の重要性。キャッシュの重要性やキャッシュ不足の回避方法を解説。次のページキャッシュフロー,経営,ベンチャー,スタートアップ,アイキャッチ

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
\ まだ見ぬ世界へ飛び出そう!/
世界一周Youtubeはコチラ
\ まだ見ぬ世界へ飛び出そう!/
世界一周Youtubeはコチラ