「仕事が辛くて辞めたい。もう行きたくたい。」と思っているあなたに伝えたいこと。

公開日:2018年5月31日
     
 仕事,辛い,辞めたい,ストレス,解決策,アイキャッチ  
   


こんにちは。

ごりぱちです。

いきなりですが、言わせていただきます。

「自分を大事にしない人は死にます。」

僕は自分を大事にするのが下手くそです。

周りの人のことを優先しがちです。

僕がやらないと。

逃げちゃダメだ。

僕は甘いんじゃないか。

これの繰り返しです。

その結果どうなったか、

死にかけました。

僕は今27歳で、

大学院を出たのが25歳なので、

社会人3年目です。

まだ社会人3年目ですが、

2回死にかけました。

今回は、いつの間にか、

自分ではなく、

周りを大事にしてしまって、

苦しんでいるという人向けに

僕の経験談から、

「自分を大事にする。」という

一歩を踏み出すキッカケ作りになれば嬉しいな

って思って書きました。

読んでくれると嬉しいです。

▶︎自分のことを大切に。世界一周に導いた、人生を豊かにする3つの問い。

▶︎自分が本当にやりたいことを見つける8のワーク!

▶︎本当の自分を知る方法。僕の特徴を100個絞り出してみた。

▶︎人生の指針を見つける。「人生でやりたくないことリスト30」を作ってみた!

▶︎【30歳になるまでに答えられるようになっておきたい11の質問】30歳近くなったので、回答してみた。

新卒で入った会社を2ヶ月で辞職。

新卒で入った人材コンサル会社。

僕はそこを、わずか2ヶ月で辞めています

社会人になる前、

僕は意気込んでいました。

すぐ会社でMVPとってやるぜ!

それは脆くも崩れ去りました。

朝6時から朝4時までの作業が休みなく1ヶ月続きました。

1日22時間労働です。

これは半端ないチャレンジでした。

もちろん、最初はヤル気に溢れているので、

どこまでもやってやるぜ!!!

と意気込んでいました。

ただ、段々と、日々ドヤされたり、使えないとか言われ続けると、

ヤル気がなくなってくるんですね。

てか、意識がなくなってきます。

深夜3時に報告メールを上司に出すと、深夜1時に送るよりも対応が優しくなるので、

(深夜1時に出すと返事がきて、

「朝まであと5時間もあるじゃないか。どこまで直せるか楽しみだ」

とくるので、深夜3時にしました。笑

深夜1時から3時まで仮眠をとって、

「1時に仕上がったものを3時に送る」

という変な技も身につけました。

せっかく会社から徒歩10分に家を借りたのに、

その家に帰るのはシャワーを浴びる時のみで、会社が家になっていました。

レッドブルを飲みすぎて、もはや効果は何もないし、

ずっと会社にいるので筋肉が落ちて、

1ヶ月で体重は8kg落ちました。

気持ちは塞ぎ込んでいました。

毎日、会社のソファで起きると、

目眩がして1時間は起き上がれませんでした。

そんなとき、母が倒れたとの連絡が入り、

1週間実家に帰りました。

もちろん、新卒なので有給はなく、減給になります。

ただ、実家に帰らせてもらえたのは、本当有り難かったです。

実家に帰って、久々に地元の山とか海とか、

自然を見ている時に、僕は気づきます。

この生活が続いたら、

自分の自由な時間が完全になくなって、

いざという時に、

母と会えないかもしれないし、(母子家庭なのでここはめちゃ大事です。)

むしろ母より先に僕が倒れる。

そうすると、家が終わる。

▶︎母子家庭で育った僕が思う、「母子家庭で育って本当に良かった!」と思える5つのメリット!

ということで、

僕は新卒で入った会社を2ヶ月で辞めました。

辞めて思ったことは、

会社は1人辞めたところで、

何も関係なく回り続けること。

変な責任感を持って追い込まれるなら、

そんな責任感は放っておいて、

早く辞めましょう。

辞める時、

色々言われます。

「せっかくのチャンスなのに。」

「辞めずに一緒に頑張ろうよ。」

「さみしくなるよ。」

そう言った言葉を掛けてくれます。

しかし、どうでしょう。

結局、辞めた後も関わってるのは、

3-4人くらいです。

会社の人数は500人くらいでしたし、

同期も40人くらいいました。

でも、そういうものです。

なので、自分を大事にして、

毎日起き上がる元気がないなら、

さっさと辞めましょう。

会社はいくらでもありますしね。

▶︎新卒で入った会社を2ヶ月で退職した僕が思う、退職して良かったこと/大変だったことをまとめてみた。

創業メンバーとして奮闘しすぎた日々。

新卒で入った会社を2ヶ月で辞めて、

どうしようかなあ。と思っていると、

僕の話を聞いた大学院時代の知り合いが、

「会社を始めたばかりで一緒に働いてくれる人を探してる。」

という人を紹介してくれました。

その人は面白いし、会社の内容もテクノロジー系で僕の関心にヒットしたので、

すぐに、そこで働くことにしました。

オフィスには、机が2-3個で、会社にいるのは2人くらい。

まさにスタートアップ。

給料も、最初は10万円とかだったけど、

自由にできて、部活みたいで、すごく楽しかったんですね。

しかし、会社の技術が注目され始めると、

投資家に目をつけられます。

もちろん、ボスは会社を大きくしたいので、

資金調達を行います。

資金調達を行うと、投資家が会社の経営に携わってきます。

会社のメンバー構成を整えるために、

大企業でバリバリ働いている人たちが入ってきます。

会社としては、とても良いことですが。

僕にとっては、すごく嫌なことでした。

次の資金調達に向けて、

企業価値を○億円にして、

○億円の資金調達を、

○%の株式流出に抑えるには、

今期○億円の売上が必要だ。

ということで、自動的に売上目標が決まります。

たとえ、その売上目標が途方もなくても、

それは実行しないといけません。

投資家のために。

会社が始まった頃、

いつも話していたのは、

「どんな会社にするか。どんな未来を作るか。」

といった僕らの夢を話していました。

それが、資金が入り出したら、

「今週の数字、今月の数字、四半期の数字、年間の数字、3年後の数字、5年後の数字」と、

話すことは、売上、利益、コスト

それだけです。

もちろん、それが経営において、

物凄く重要で、欠かせないのは、

重々承知です。

でも、僕は、

ひたすら数字をおって、

そのために働きまくるのが、

とてもしんどかったのです。

しかし、その数字の全責任は、

僕のところにやってきます。

毎週、役員に数字を説明し、改善策を求められていた僕は、

側から見たら大した事ないはずのプレッシャーなのに、

ある日、救急車で病院に運ばれます。

病院でボーッとしているときに、

僕は悟りました。

同じことを繰り返していると。

なんかわからないけど、

ハードワークに巻き込まれて、

周りからの期待や要望に応えようとし続けて、

僕は自分の感情を完全に無視していました。

倒れたのがつい最近の話なので、

今は復帰して働いていますが、

会社で働く時間を

今までの1/2にしています。

それは、会社に言いました。

無理ですと。

初めての自己主張でした。

けど、会社からはこう言われます。

「もし次入院したら、辞めてもらうことになるからね。」

僕の中で何かが弾けました。

僕は、会社の立ち上げに関わっていたから、

経営的な話もボスとよくしていて、

勝手に、会社の中軸だって、思っていましたけど、

投資家からしたら、

ただの従業員で、

いくらでも替えがきく存在なんだと。

結局、雇われるってのは、そういうもんなんだと。

僕は、はっきりとわかりました。

今は、自分の原点に立ち返って、

農業とか、環境問題とか、ボードゲームとかで、

少しづつ、自分のできる仕事を増やしていっています。

P.S. 2018年の年末で会社を辞め、2019年1月から妻と世界一周行くことにしました!!!

自分の弱さを認める。

もう、同じ過ちは犯したくない。

強くそう思った僕が、最初にやったこと、

それは、自分の弱さを認めることです。

「僕は、ハードワークが苦手だ。」

すごい速さで、

成長していくことが、

もしかしたら僕には合わないんじゃないかと。

強く見せる必要もなく、

自分の素の感情を出しました。

今まで、

とにかく周りに振り回されて、

とにかく自分の責任だと思い込んで、

僕は自分のことを全く大事にしてなかった。

でも、弱さを認めると、

自分のことを大事にしようという思いが湧いてくるんです。

あなたを死なせたくない。

社会人3年目で、

2回、死にかけました。

何にも学んでない。

もうこんなことは繰り返したくない。

みなさんにもこうなってほしくない。

もし辛くなったら、遠慮なく休んでほしい。

給料が一時的にもらえなくてもいい、

どんな理由でもいいから休んでほしい。

休んだ時間で、自分を振り返ってほしい。

友達に相談してほしい。

自分を労ってほしい。

会社は、あなたがいなくても、

何事もなかったように回ります。

どんな規模の会社だって回ります。

大丈夫です。

ハードワークが好きな人に、ハードワークは任せましょう。

あなたは苦手なことをする必要がないのです。

自分を大事にしましょう。

じゃないと、死にます。

あなたを死なせたくないので、

今回は書きました。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

また次回お会いしましょう。

新たな人生を踏み出したい人へ

▶︎自分のことを大切に。世界一周に導いた、人生を豊かにする3つの問い。

▶︎自分が本当にやりたいことを見つける8のワーク!

▶︎本当の自分を知る方法。僕の特徴を100個絞り出してみた。

▶︎人生の指針を見つける。「人生でやりたくないことリスト30」を作ってみた!

▶︎【30歳になるまでに答えられるようになっておきたい11の質問】30歳近くなったので、回答してみた。

仕事を辞めたいと思っている人へ

・ニートだった僕から、自分には価値がないと思って苦しんでいる人へ伝えたいこと。

・会社を辞める前に読んでほしい!会社を辞める時に必要な3つの心構え。

・サラリーマンを辞める第一歩!「株式会社自分」という考え方。

・会社より自分を大事にしてほしい。会社を辞められなくて悩んでいる人に伝えたいこと。

・自分の人生を生きることの大切さ。猛烈ボスの5つの教え。

人生,生き方,仕事,インドネシア,哲学,アイキャッチ「人生とは戦いだ。」強く生きるために必要なこと。インドネシア・アチェから学ぶ、戦う意思の大切さ。前のページ

ドバイで働く日本人女性が語る、人生で大事にしているたった1つのこと。次のページドバイ ,日本人,女性,働き方,人生,生き方,アイキャッチ

夫婦で世界一周-出国前の準備編-

世界一周,夫婦,アイキャッチ,準備,費用,お金

夫婦で世界一周-帰国後の手続き編-

世界一周,手続き,帰国

夫婦で世界一周 -旅の記録-

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP
新たな人生を踏み出そう!
新たな人生を踏み出そう!