Uber,オススメ,メリット,デメリット
公開日:2019年2月23日

Uberを使わない理由が分からない!5カ国で20回以上Uberに乗った僕が語る、Uberのメリット・デメリットを大公開!

~スポンサーリンク~

Free-Photos / Pixabay

こんにちは。

2019年1月24日に奥さんと世界一周を始めたごりぱちです。(@3Bgoripachi)

皆さんは、“Uber”を知っていますか?

Uberは、世界中で使われているサービスで一言でいうと、“一般の人が運転するタクシーの配車アプリ”です。(*日本では、Uberの運転手はタクシーの運転手です。これについては後述します。また、国やエリヤによってはUberが使えないところがあります。これについても後述します。)

僕は、このUberが大好きです。

Uberのような配車サービスを知ってしまうと、普通のタクシーには絶対に乗りたくなくなります。

事実、海外旅行や海外出張に行った際、バスや電車といった公共交通以外では、Uberしか使っていません。

流しのタクシーには、絶対に乗らなくなりました。

今回は、「なんで海外でUber使ってないの!?使わない理由がないじゃん!」という思いから、なぜUberを絶対的にオススメできるかをご紹介していこうと思います。

では、レッツゴー!!!

↓過去のUber記事。Uberで人生変わっちゃった人もいます。
・夢を持ち続ければ、絶対に叶えることができる。UberとAirbnbで人生変わったホームレスの話。

Uberを使う8つのメリット!

メリット① 料金が明確!

Uberは配車を依頼する前に、乗車位置から目的地までの金額が表示されるので、配車前に支払う金額が明確になっています!

しかも、この料金、道が渋滞してどれだけ時間がかかったとしても、一切の追加料金が発生しないのです!

一般的なメータータクシーの場合、請求金額=距離+時間となりますが、Uberの場合、配車依頼をした段階での目的地までの距離と渋滞予測から金額を弾き出しているのです!

アメリカでUberに乗った際、普通に行けば10-15分で到着するところを、かなりの渋滞で1時間かかってしまったことがあるのですが、そのときも追加料金は一切ありませんでした!

ちなみにその時の金額はたったの$7.93(約810円)!

普通のタクシーだったら、一体いくらになっていたことか。。。考えるだけで恐ろしい。。。

流しのタクシーだと、目的地までに掛かる金額も分からないですし、降りるときに金額を支払ったのにも関わらず「追加でくれないと降ろさない」といったハプニングも起こってしまいます。

僕は、実際にフィリピンで流しのタクシーを使った時に、「チップとしてあと1,000円出さないと降ろさない」と言われたことがあります。

その時は、時間も夜の10時くらいで、まだ慣れていなかった土地で怖かったこともあり、なくなく支払ってしまいました。。。

「Uberのことを知っていれば。。。」と強く後悔しています。

こんなトラブルを避けるために、Uberは、チップが文化の国では、乗車後にチップをどのくらいあげるのかを選ぶことができるようになっています!

メキシコで乗車した際は、10ペソ(約60円)、20ペソ(約120円)、30ペソ(約180円)の中から選ぶシステムになっていました!

移動の際、お金でストレスが掛からないのは本当にありがたいこと!

Uberの最も好きな部分ですね!

メリット② 言語が通じなくても大丈夫!

海外の都市圏では英語、それ以外では現地の言葉を使わないといけないのが普通です。

流しのタクシーを使うときも、慣れない言葉で目的地を伝え、伝わったのか伝わってないのかさっぱり分からない恐怖心の中、タクシーを使わないといけません。

その点、Uberの場合は、乗車前にMapから目的地を入力できるので、正直運転手の方と一言も会話をしなくても目的地にたどり着けます!

これはつまり、言語の壁を超えて、安心して目的地に向かうことができるということです!

本当、これめっちゃ助かる。

異国の地で、どこに向かうかさっぱり分からない乗り物になんて乗りたくないですからね!!!

メリット③ 車内が綺麗!

Uberの車は、ある程度のランク以上の車が指定されているので、確実に綺麗な車に乗ることができます!

流しのタクシーだと、新興国だと車の外観がめちゃめちゃボロかったり、内装もシートが破けていたり、窓が割れていたりという場合もあります。

その点、Uberの車内は非常に清潔で、日本のタクシー並みにしっかりしているので、安心して乗ることができますよ!

また、全てのUberではないですが、運転手によっては、水やお菓子を無料でくれる人もいます!

こんなタクシーサービスなかなかないですよね。笑

メリット④ 運転手とのコミュニケーションが楽しい!

僕は英語が話せるので、運転手の方が英語が話せる時はなるべく話すようにしています。

なぜなら、運転手から旅先の情報を仕入れたいから!笑

運転手の方は、地元に生活している方なので、その街のことを知り尽くしています!

そんな運転手の方に、オススメのカフェやレストラン、治安の良い場所/悪い場所を聞き出すことで、その後の旅も非常に快適になります!

また、“自分の車に見知らぬ人を乗せる”というシェアリングエコノミーを実践している人たちなので、基本的にノリが良い人が多い!

アメリカでUberに乗った際には、渋滞が酷くて1時間くらい乗っている中、ひたすら運転手の人の面白おかしい話をして盛り上がっていました!

中には、ホームレスからUberを使って、普通の生活に這い上がった人も。。。Uberすげえ。
↓Uberを使って、ホームレスから這い上がった人の話はこちらから!
・夢を持ち続ければ、絶対に叶えることができる。UberとAirbnbで人生変わったホームレスの話。

メリット⑤ タクシーより安い!

これ、割とびっくりしたんですが、同じ目的地でも、流しのタクシーとUberの金額を比べると、ほぼ100%Uberの方が安いんです。

例えば、クアラルンプールのとある空港から中心街に行く際に、流しのタクシーに金額を聞くと100リンギ(約2,400円)だったのが、Uberで金額を見てみると68リンギ(約1,800円)と約30%も金額が違ったのです。

また、メキシコで温泉施設に行った際、行きはUberで帰りはインターネットが繋がらなかったので普通のタクシーを使ったときも、同じ距離のはずなのに、Uberは100ペソ(約600円)普通のタクシーは200ペソ(約1,200円)と2倍も金額が違ったのです!

交渉して、実際にはUberの1.5倍の150ペソ(約900円)になったのですが、久々のめんどくさい交渉、そして普通にぼったくってくるタクシーに対して、「もう絶対に普通のタクシーに乗りたくない」と断固とした決意を固めました。

そのくせ「Uberはタクシードライバーの仕事を奪う」って抗議している国もあるし。。。

「それならサービスをUber並みによくしろよ!!!」って言いたくなっちゃいますね。笑

メリット⑥ 現金を使わなくて良い!

Uberは事前にクレジットカードを登録し、料金もアプリ経由で自動的にクレジットカード経由で引き落とされるので、降りる際に一切の支払い行為が不要なんです!!!

普通、タクシーに乗ると、降りる前にあたふたと財布を広げ、支払いをしないといけないのですが、あれって割と面倒くさいですよね。。。

しかし、Uberならそのストレスが0になります!

*Uverに慣れすぎると、普通のタクシーに乗った時に支払いをせずにそのまま降りようとしてしまうので、注意してくださいね!笑

メリット⑧ 目的地へのだいたいの到着時刻が分かる!

Uberに乗った後に、飛行機だったり電車だったり、「絶対に乗り過ごせない!!!」乗り物に乗るときは、到着時刻ってすごく気になりますよね。

流しのタクシーに乗ると、「何分くらい乗るのか、何時頃目的地に到着するのか」が一切分からないので、焦っている状況だと不安になりますし、さらに焦ってしまいます!

しかし、Uberであれば、大体の到着予定時刻が表示されているので、そんな不安もなくなります!

もちろん、多少の誤差は生じるものの、それは前後5分程度のもの!

時間も正確なUberなのです!

メリット⑨ とっても安全!

Uberの運転手は、私たち乗客の評価によって収入の度合いが変わってきます。

乗車ごとに、乗客は「運転手へ星5つ中、星何個をあげるか」という形で評価をするのですが、この評価が高ければ高いほど、優先的に乗客にその評価の高い運転手が表示されることになっているので、「評価が高ければ稼ぎやすくなるし、評価が低ければ稼ぎにくくなる」という構造になっているので、運転手も必死です。

もし、星2つなんていう低評価を食らったものなら、稼ぐチャンスが減るし、せっかく乗ってもらえる機会があっても「あ、この運転手評価低いからやめよ」と、乗客からキャンセルなんてことも!

なので、Uberの運転手は基本的に丁寧な運転とホスピタリティ溢れる接し方をしてくれます。

ドアはもちろん開けてくれますし、荷物も荷台に積んでくれます。

そして、新興国では珍しく法定速度に準じたスピードで走ってくれるので、安全そのもの!

よくできたシステムですね!

Uberを使う3つのデメリット!

デメリット① たまに待ち時間が長い。

Uberは、たまに配車を依頼してから、実際に乗り込むまでの待ち時間がやたら長い時があります。

アプリ上に「到着まで後○分!」と表示してあるものの、その数字が5分経っても一向に変わらない時があります。笑

そして、いつの間にかキャンセルされて違うドライバーが向かってくるときもあります。笑

これは、「乗車を希望した場所が運転手によっては迎えに行きづらい場所にある」という理由から生じます。

ただ、よっぽど変な場所じゃない限り、「車が来ない」とか「30分も待つ」という事態はあり得ないので、少々到着時刻が遅れても、気長に待つ方がいいと思います。

*Uberの乗車直前でキャンセルすると、キャンセル料金が発生することがあります。また、キャンセルと繰り返すと「悪質乗客」として認識されるので良いドライバーの車に乗れなくなることもあるようですので、無駄なキャンセルはしないように気をつけてくださいね!僕たち乗客も、運転手から採点されているので!!!

また、Uberは場所によっては「迎えに行けない」と言われることもあります。

僕は実際に、タイの夜遊びエリアにUberを呼ぼうとしたところ、ことごとく運転手に拒否されたことがありましが。

少し場所を写して乗り込んだUberの運転手に理由を尋ねたところ「ああ、あそこは過去に流しの運転手にUberの運転手が怪我させられたことがあるエリアだから、近づかないようにしてるんだよ。それに、酔ってる人多くて普通に危ないし。笑」とのこと。

「そんな事情知らんがな!」と流石に思ってしまいました。笑

ただ、「場所によってはUberが来づらい場所がある」ということだけ、頭の片隅に置いておいてください!

デメリット② 使えない国や地域がある。

Uberは、世界中で使われていて欲しいところですが、使われていない国や地域がけっこうあります。

母国日本では、東京23区内くらいでしか使えませんし、現在いるメキシコでもメキシコシティやサンミゲル・デ・アジェンデではUberが使えましたが、カンクンやオアハカではUberが利用できませんでした。

東南アジアや中国からも、同じ配車サービスの台頭によって撤退している様子。

ただ、アメリカ・中南米・欧州・東アフリカの首都圏ではUberが利用できるようです。

一応、UberのHPに利用できる国一覧がありますが、国によっては、「首都圏のみ利用でき、田舎では利用できない」ということもあるので、実際のところ「現地に行ってみないと分からない」というのが現状です。

↓利用できる国一覧はこちら!
・対応している国/言語一覧 by Uber

↓わかりやすくまとめてくれている記事を発見しました!
・保存版!!UBERが使える国一覧 2018年版 by 1Q86さん

デメリット③ そもそもネットがないと使えない。

これはもうどうしようもないですが、インターネット経由で車を配車しているので、インターネットがない地域ではもちろん使うことができません!!!笑

メキシコの温泉に行った時に、温泉から中心街へ帰る時にインターネットがなく、タクシーを探し歩き、しかもUberよりも高値で乗せられるという悲しい経験をしたことがあります。笑

無茶振りなのはわかっていますが、ネットがない状態でもUberが使えたら最高ですね。笑

番外編① Uberの使えない国での代替サービス

さて、先ほど紹介したように、Uberが使えない国も一定数あります!

なので、ここではUberがない国や地域でのUberの代替サービスを簡単にご紹介します!

*サービス内容はUberと一緒です!会社名が違うくらいの認識で問題ないので、安心してください!

東南アジア

タイやインドネシアといった東南アジアの国では、「Grab Taxi」が最大勢力を誇っています!

・タクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」の使い方 by TRIPPINGさん

中東

ドバイやカタールといった中東地域では、「Careem」というサービスが最大勢力となっています!
・楽天も出資の「中東のウーバー」Careem創業者が描くアラブの未来 by forbes
・エジプトでの移動手段!Careem(カリーム)の使い方をご紹介! by Rimulabさん

ヨーロッパ

ドイツやオランダといったヨーロッパ地域では、「My Taxi」というサービスが、Uberと並んで大きな勢力となっています!
・タクシー配車アプリ「mytaxi」が、便利すぎて素晴らしい理由 by CARS

番外編② 日本のUberは良さを活かせていない。

一般的に言われるUberの強みは「一般的なタクシーよりも安く、安全に、丁寧なサービスを提供できるサービス」なのですが、日本におけるUberの存在感は正直全くありません。

なぜなら、日本のUberは「一般的なタクシーと同レベルの安全さ、丁寧さを提供しているのにも関わらず、値段は1.5倍近くする。」という、本来の強みを全く活かせていないのです。

その理由は全くわかりませんが、日本ではUberはあまり魅力的な選択肢とは言えません。

今の所東京23区内でしか利用できませんし。。。

そして何より、海外のUberは一般の人が運転手をしているのですが、日本のUberはタクシーの運転手がUberの運転手をやっているのです。

要するに、Uberを日本のタクシー会社が代行してやっていることになります。

一般の人がUberの運転手をやって、普通のタクシードライバーの仕事を奪うようなことがないように、保護したんですね。

Airbnbを、旅館業の許可証がないと部屋を掲載できないようにしたように、Uberでも同じことをしているのです。

・【前代未聞】Airbnbの「全削除」に世界中が衝撃 民泊の宿泊予約も強制キャンセルで徹底排除へ by Airstairさん
・日本へのご旅行を予定されているゲストの皆様へのサポートについて by Airbnb

本当に、シェアリングエコノミーが嫌いなのでしょう。

僕は大好きなのに、困ったものです。。。

まとめ

Uberについて色々書いてきましたが、僕はUberが大好きです。

特に、海外ではUberが圧倒的に使いやすいので、Uberを最も信頼しています。

明瞭な料金体系・安全安心の運転・気さくなドライバー・安い価格など、全てにおいて最高のサービスを提供しています!

海外旅行や海外出張の際には、Uberで快適な移動を楽しんでいただきたいですね!

もし、「Uberに登録したい!」となったら、以下のリンクから登録してください!最大で、初回の乗車が無料になることも!最低でも5$(約500円)分のクーポンが添付されるので、是非使ってみてください!

・Uberの登録はこちらから!

今回はここまで!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

↓Uberで人生変わっちゃった人もいます。
・夢を持ち続ければ、絶対に叶えることができる。UberとAirbnbで人生変わったホームレスの話。

仕事を辞めたいと思っている人へ

・ニートだった僕から、自分には価値がないと思って苦しんでいる人へ伝えたいこと。

・会社を辞める前に読んでほしい!会社を辞める時に必要な3つの心構え。

・サラリーマンを辞める第一歩!「株式会社自分」という考え方。

・会社より自分を大事にしてほしい。会社を辞められなくて悩んでいる人に伝えたいこと。

・自分の人生を生きることの大切さ。猛烈ボスの5つの教え。

ためになった本

・戦争を二度と起こしてはいけない。戦争に行った若者の心の叫び「きけわだつみのこえ」を20代の私達が読むべき理由。

・[OKR]組織におけるミッション・ビジョン・バリューの違い/決め方まとめ。

・[ユダヤ人大富豪の教え]僕がこれまで達成できたこと、達成できなかったことをまとめてみた。

・[年輪経営]資金調達の金額に踊らされてはいけない。ベンチャーだからこそ利益を追求せよ。

オススメ海外旅行保険!

旅行,ノマド,保険

世界一周YouTube始めました!

youtube,世界一周,夫婦,海外旅行,旅

オススメ本まとめ!

本,読書,意義,理由

まずはこちらから!

記事まとめ,ブログ

アーカイブ

PAGE TOP